[大弦小弦]ツーブロック禁止の校則

©株式会社沖縄タイムス社

 「何でツーブロックはだめなのか」。東京都議会で都立高校の髪形の校則をめぐる質疑があり、その動画がネット上で話題になっている

▼答弁した教育長は「外見が原因で事件や事故に遭うケースなどがあるため、生徒を守る趣旨から定めている」と理由を説明した。まったく不合理で意味が分からない

▼ツーブロックは、サイドや襟足を短めにカットした定番のヘアスタイルの一つだ。涼しくて清潔感があり、街を見渡せば普通に見かける

▼それなのに、沖縄県内でも「奇抜な髪形」として校則で禁止にしている学校がある。県教育庁に問い合わせてみると、禁止の学校数は把握していないが「社会の現状、学校の様子、地域の要望などを踏まえ、柔軟な対応をしてほしい」と各学校に伝えているという

▼この問題について、憲法学者の木村草太さんは自身のツイッターで「学校側に髪形強制権限や罰則制定権限はない」と指摘。強要やしつこい指導は、教員によるハラスメントや不適切指導に当たるとしている

▼社会におけるルールには基本的に根拠があるものだが、理屈の通らない時代遅れの校則がいまだに放置されている。そもそも校則は誰のためのものなのか。おかしな校則には声を上げなければいけない。新しい時代に見合う校則はどうあるべきか。決めるのは生徒たち自身だ。(吉川毅)