木下優樹菜“不倫相手”が報道されない謎…マツコ・有吉も興味津々!

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

復帰から一転して引退を表明し、芸能界に大きな衝撃を与えた木下優樹菜。電撃引退とあって、理由についてはいまださまざまな憶測が飛び交っているが、7月17日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)2時間SPで気になるコメントが飛び出した。

まず口火を切ったのは有吉弘行。有吉はトークの流れで「知らないのあの話は? 優樹菜ちゃん」と、木下の引退劇についてマツコ・デラックスに質問した。マツコは「結局(記事は)出なかったの?」と、一部報道で〝世に出さないことと引き換えに引退した〟といわれている木下の特大スキャンダルについて逆質問。その後も「あれ、本当に漏れてこないね」「(記事が)出るはずだったらしいのよ」「出てこないんだよ…」と、〝幻〟に終わったスキャンダルの中身を気にし続けていた。

有吉もこれを非常に気にしているようで、「その情報を集めたくてさ、スパイ送り込んでんだけどさ」と、他事務所の後輩芸人・とにかく明るい安村に〝諜報〟させていることを告白。安村が木下の前夫『FUJIWARA』藤本敏史と同じ事務所であることを生かし「藤本さんに話聞いてこい」などと依頼しているが、全く情報は入ってこないと明かした。

「『本当に漏れてこないね』『出るはずだったらしいのよ』といったマツコの発言からも、引退の裏にスキャンダルがあったこと間違いない。そして、引退表明後の各報道を統合するに、おそらく引退の決め手は複数の男性との不倫行為だったのでしょう。しかし、その内容が同業者の耳にすら入ってこないのは、徹底した情報統制・箝口令が敷かれている証拠。相当な〝闇の深さ〟を感じますし、よほど衝撃的な相手だったのでは」(テレビ雑誌ライター)

徹底した情報統制の裏には“圧力”が

とはいえ、不倫によって失脚・引退した芸能人は、これまでに何人も存在しているはず。そんなメディアですら遠慮するとは、一体どれほどの相手なのだろうか…。

「数人いる不倫相手の1人であるダンスボーカルグループの事務所に対する、マスコミの忖度があるようです。同事務所は各媒体や週刊誌、果ては個人のまとめブログにまで圧力をかけるのが常套手段。相手を萎縮させることでネガティブキャンペーンを絶対に許さず、一部サイトでは〝アゲ記事〟ですら名前を出すことはNGとなっています。同業者にすら話が漏れないのも納得ですね」(芸能記者)

7月9日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、元『週刊文春』記者でジャーナリストの中村竜太郎氏が、木下の不倫相手について「30代の大手事務所所属のヒップホップグループでラッパー。筋トレでガンガン体を鍛えている肉体派。身長が180センチぐらい、イケメンなんですよ」などと語っていた。

そして某グループのラッパーのツイッターは、一時期ファンからの追及で荒れていたが、本人からの言及は一切ないまま騒動が収まろうとしている。

果たして真相は…。