お茶の間騒然!ロックバンド『WANDS』のボーカルが「若返ってる!?」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

1990年代初頭に人気を博したバンド『WANDS』が、7月18日放送の『音楽の日』(TBS系)に出演。往年のヒットソングを披露したが、視聴者からは〝ある驚き〟が続出した。

「WANDS」が登場したのは、夕方ごろに放送された「アニソンリレー企画」。バスケットボール漫画の金字塔『SLAM DUNK』のアニメ版主題歌として、94年にリリースされた『世界が終わるまでは…』を披露した。カメラはボーカルが熱唱していく姿を捉えていったが、デビューから30年近くたっているにもかかわらず、ボーカルは随分と若い印象。ネット上にも、

《WANDSのボーカル若過ぎない!? もう50歳くらいじゃないの!?》
《WANDSのボーカルわかくね??ん??》
《何で年取ってないん? 同じ人? 若返ってない?》
《WANDSのボーカルの方がめっちゃ若々しくて、え!? 今いくつ!? と驚いて調べてみた》

など、混乱する視聴者の声が上がっていた。

飛び抜けて若いボーカルは“3代目”

「彼は上原大史という3代目ボーカルで、2019年の活動再開から加入した新メンバー。公式プロフィルは公表されていませんが、年齢は30代前半とみられています。また、こちらも公式な発表はありませんが、『-真天地開闢集団-ジグザグ』というビジュアル系バンドで活動していることも〝公然の秘密〟です」(音楽誌ライター)

実は、多くの〝懐かしアーティスト〟とは異なり、現在の「WANDS」に所属するヒット当時のメンバーは2人のみ。キーボードの木村真也とギターの柴崎浩以外は残っておらず、これまでに幾度とないメンバー変遷を経ている。しかしこうした情報は、ファン以外にはあまり知られていないもの。視聴者が驚いてしまったのも無理はないだろう。

ネット上には他にも、

《調べたら新しい人だったんか》
《ボーカルが別人なの気付かないでWANDS若過ぎって言ってる人多いね~》
《WANDSがRADWIMPSみたいになってるしボーカルイケメンだしで何事かと思ったら5期とか3代目とか出てきてついていけてない》
《ボーカル変わってるから知ってるWANDSじゃない感ありますよね》
《何で2020年にもなってWANDSの知識を増やさなきゃならんのだ》

などの反応が。多ジャンルの音楽ファンが見る番組だけに、さまざまな反響を集めたことが分かる。

紆余曲折あったようだが、今度こそはこのメンバーで団結し、世界が終わるまでは離散しないよう期待したい。

【画像】

WAYHOME studio / Shutterstock