白鵬、朝乃山ら5戦全勝

かど番貴景勝は4勝目

©一般社団法人共同通信社

白鵬(左)が上手出し投げで阿武咲を下す=両国国技館

 大相撲7月場所5日目(23日・両国国技館)横綱、大関陣が順当に白星を挙げた。横綱白鵬は阿武咲を上手出し投げで寄せ付けず、新大関朝乃山は霧馬山を寄り切って、ともに5連勝で序盤戦を終えた。

 かど番大関の貴景勝は宝富士をはたき込み、2連勝で4勝1敗。両関脇は御嶽海が遠藤を押し出して5戦全勝、正代は小結隠岐の海をすくい投げで下して4勝目を手にした。

 全勝は新入幕の琴勝峰、平幕妙義龍を合わせて5人となった。

霧馬山(左)を攻める朝乃山。寄り切りで下す=両国国技館