「希望の炎、輝いて」と池江選手

国立競技場から、五輪開幕1年で

©一般社団法人共同通信社

東京五輪開幕まで1年となり、メインスタジアムの国立競技場で聖火が入ったランタンを掲げる競泳の池江璃花子選手=23日夜(代表撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大により延期となった東京五輪は23日、開幕まで1年となった。白血病からの復帰を目指す競泳の池江璃花子選手(20)=ルネサンス=が来夏に開会式が行われるメインスタジアムの国立競技場で世界にメッセージを発信し「逆境からはい上がっていく時には、どうしても希望の力が必要。1年後の今日、この場所で希望の炎が輝いていてほしい」と訴えた。

 池江選手は聖火が入ったランタンを手にし「1年後、オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたらどんなにすてきだろう」と思いをはせ「一日でも早く平和な日常が戻ってきてほしい」と語った。