[大弦小弦]本来なら今日は開会式だった

©株式会社沖縄タイムス社

 本来なら今日は開会式だった。24日は「スポーツの日」。東京五輪・パラリンピックの開始に合わせて今年特別に設定された。新型コロナウイルス感染拡大で大会は1年延期されたが、収束の兆しは見えない

▼感染者増が不安視される中、実施に慎重な意見が増えている。共同通信の17~19日の全国電話世論調査では、東京五輪を「再延期すべきだ」が最多の36.4%。「中止すべきだ」が33.7%で続いた

▼感染拡大を抑え込めなければ、今後も再延期や中止を求める声がさらに高まるだろう。先行きが見えない状況で、モチベーションやコンディションを維持する選手たちの困難さはいかばかりか

▼喜友名諒選手(空手形男子)は延期決定後、「いつ五輪が来ても優勝できる自信はある」と強調した。奥原希望選手(バドミントン女子)のように不参加国があるなら「開催するのは違うのかな」と実施を疑問視する意見もある

▼開催にこぎ着けたにしてもこれまでの社会の価値が問われる大会になるだろう。大会組織委員会は東京五輪での大規模な式典を簡素化。2024年のパリ五輪でも競技の分散開催が議論されている

▼重要なことは観客や選手、関係者の安全性を最優先にした上でどのような大会ができるか判断することだ。新しい生活様式に根ざした五輪像が求められている。(与儀武秀)