ケンブリッジが10秒22でV

陸上東京選手権第2日

©一般社団法人共同通信社

男子100メートル決勝 力走するケンブリッジ飛鳥(右)。10秒22で優勝した=駒沢陸上競技場

 陸上の東京選手権第2日は24日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝はケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が向かい風0.8メートルで10秒22をマークし優勝した。大会新記録。

 女子1500メートル決勝は新谷仁美(積水化学)が4分21秒77で優勝。男子走り幅跳びは泉谷駿介(順大)が大会新の7メートル92で制した。

 男子110メートル障害予選で日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)は2組1着、泉谷は5組1着。同800メートルのクレイ・アーロン竜波(相洋AC)、川元奨(スズキ)は順当に予選を通過した。