新鮮な魚まるごと1匹 優しい味わい 好みに応じて調理し定食に

©株式会社沖縄タイムス社

この日のおすすめは新鮮なムルータマンを使ったバター焼き定食1680円(税込み、毎日新鮮な魚を仕入れるため価格は変動する)

[胃心地いいね](586)「食ダイニング GOTma-ma」宜野湾市伊佐

 沖縄県宜野湾市伊佐の「食ダイニング GOTma-ma(ゴットマーマ)」は新城剛さん、正美さん夫妻が切り盛りする。店を構えて13年目で、沖縄市の泡瀬漁港で水揚げされた新鮮な魚を一匹まるごと使った魚定食が楽しめる。

 その日の大きさや仕入れ値によって値段は変わり、価格の幅は千円から2500円ほど。お客さんの好みに合わせてバター焼き、マース煮、唐揚げなど調理を変える。

 剛さんは名護市のホテルで働いた経験もあり、子どもから年配客まで楽しめるよう素材を生かした優しい味わいの料理が評判だ。取材日のおすすめはムルータマンを使ったバター焼き。オリーブオイルとバターでフライパンを使い弱火でじっくり焼き上げた一品。ご飯とみそ汁、刺し身、正美さん手作りのミカンゼリーなどが付いてこの日は1680円(税込み)。

 店名は「お母さんの持つ強くて優しい雰囲気」から娘が命名した。正美さんは「アットホームな雰囲気で、お客さんが落ち込んでいる時でも話し相手になれたら。食事だけでなく心のよりどころにもなれたら」とほほ笑む。常連客は夫妻を(ゴット)パーパ、マーマと親しんで呼ぶという。夫妻は「みんなに愛される、いつ来ても笑顔とおいしい料理が変わらないねと言われる店にしたい」と意気込んだ。

 新型コロナウイルス対策で席と席の間にはビニールカーテンを張り、カウンターにはベニヤで仕切り板を設置、最新の空気清浄機も導入した。(中部報道部・大城志織)

 【お店データ】宜野湾市伊佐2の19の9島アパート1階。木曜日と第1、5の日曜が定休日。営業時間はランチが平日のみ午前11時半~午後2時、夜は午後6時~午後11時(金、土は午前0時まで)。駐車場約15台。電話098(894)2168。

「いつ来ても笑顔とおいしい料理が変わらないねと言われる店にしたい」と語る新城剛さん(右)、正美さん夫妻=14日、宜野湾市伊佐
GOTma-ma