竹内由恵が女優初挑戦で“ぶりっ子”小林麻耶とバトル!若い芽がつぶされる危機に!?

©株式会社フジテレビジョン

7月27日(月)19時より、フジテレビでは『痛快TV スカッとジャパン長澤まさみ爆笑!小林麻耶&滝沢カレン最強悪女SP』が放送される。

今回は、昨年テレビ朝日を退社した竹内由恵が初登場。「悪女スカッと“ぶりっ子悪女”」で女優に初挑戦し、元女子アナの先輩の小林麻耶と“バトル”を展開する。

女優に初挑戦する竹内由恵

ドラマは、「『女性らしく』『かわいく』が口癖のぶりっ子な上司にうんざりしていた」という視聴者の体験談をもとに描かれる。

テレフォンアポインターの中原真琴(竹内由恵)の仕事は、顧客から掛かってきた電話を受けて、商品の営業をすること。丁寧な口調で真摯に説明するが、電話相手からは断られてしまう。

そこへ現れたのは、現場を仕切る教育係の内田美樹(小林麻耶)。真琴をターゲットにし、「女の子らしさが足りないから売れない」のだと指導する。

左から)小林麻耶、竹内由恵

美樹は、「声のトーンを上げないと」「顔がダメ!ブチャイク!」と、理不尽なことばかり言う“ぶりっ子テレアポ教育係”だった。

美樹の指導はエスカレートし、真琴は戸惑いを隠せない。やがて真琴の私生活にまでいちゃもんを付けてくるまでになった美樹が、真琴の耳元でささやいた言葉は…。

そして、ショールームで行われた対面販売の日、ついに事件が勃発する!危機的状況に陥る中、果たして、真琴はスカッとできるのか!?

これまでのシリーズで、何度も人気キャラ“ぶりっ子OL内田美樹”を演じてきた小林は、今回も振り切った演技をさく裂。MCの内村光良も「ブレないね、この人」と感心するほどのインパクトを残した。

途中、美樹の人格が変わったかのような演技を見せると、スタジオからはゲストの長澤まさみ、 市川猿之助、佐藤勝利らから「こわっ」「ホラー!?」という声が漏れる一幕も。

演技初挑戦にして、先輩フリーアナから強烈な洗礼を受けた竹内に対しては、ゲストの近藤春菜が「竹内さん、フリーになってこういう仕事すると思ってなかったでしょうね」とコメント。小林とは対称的な竹内の落ち着いた演技にも注目だ。

<竹内由恵コメント動画>