レイズ筒香鮮烈デビュー 古巣DeNAナイン、仲間の活躍たたえ

©株式会社神奈川新聞社

通算200本塁打を放つ筒香=2019年8月17日、横浜

 横浜が生んだ和製大砲らしい鮮烈デビューに、筒香嘉智外野手が昨季まで在籍していた横浜DeNAナインからも祝福の声が上がった。アレックス・ラミレス監督は「ベリーグッド。ベリーハッピー。今後もメジャーリーグでたくさん本塁打を打つだろう」とさらなる活躍を期待した。

 プロ1年目の2010年も初安打が本塁打。新人の頃から指導に当たった田代富雄チーフ打撃コーチは「早く一本出てほしいと思っていたよ」とうれしそう。日本で205本のアーチを放ってきたが、「構えが変わってバックスイングがしっかりしている。体も引き締まっている」と変わらぬ探究心をたたえた。

 主将と4番を継承した佐野恵太内野手は、前夜の24日に逆転サヨナラ満塁弾を放った。「本当にすごい。一緒に野球をやっていろんなことを教わった。僕ももっと頑張りたい」と刺激を受けていた。