ラストアイドルファミリー[YouTube人気曲ランキング]再生回数が1番多い曲は?

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

ラストアイドルファミリー[YouTube人気曲ランキング]再生回数が1番多い曲は?

オーディション番組『ラストアイドル』から誕生したアイドルグループ、ラストアイドル。暫定メンバーが挑戦者と毎回メンバー入れ替えバトルを行ない、勝ち残ったメンバーが秋元康プロデュースのもとでデビューするという、ハラハラ感満載の番組として大きな話題を呼びました。ラストアイドルは、現在、LaLuce、Good Tears、シュークリームロケッツ、Someday Somewhere、Love Cocchi、2期生、2期生アンダーの全7ユニットで構成され、各ユニットが大きな個性を放っています。そんなラストアイドルファミリーの楽曲の中で、最も多く聴かれている曲は何でしょうか?

この記事では、ラストアイドルファミリーのYouTube再生回数のトップ10を発表していきます!(2020年7月26日現在)

10位「Again & Again」(Short Ver.)/Someday Somewhere(2017年12月リリース)67万回再生

ラストアイドルのデビューシングル「バンドワゴン」の初回限定盤Type-Cに収録されたSomeday Somewhereの楽曲がランクイン。Someday Somewhereは、惜しくも番組のバトルで落ちてしまったメンバーが集まったグループですが、本曲はそれが信じられなくなるほど、心揺さぶる素晴らしい作品に仕上がっています。何より聴いてもらいたいのはボーカル。ソロで歌唱する部分では、各声の個性やあどけなさ、初々しさが感じられますが、合唱になると透明感が溢れ、ピュアさが一気に引き出されます。またサビ頭の“何度でも”の“ん”で滑らかに音程が上がるところも綺麗。口を閉じて発音する“ん”を美しく響かせるのは至難の業だと思いますが、そこも見事にクリアしており、ボーカルの完成度の高さをうかがわせています。琴線に触れるような歌声が聴ける1曲です。

9位「青春シンフォニー」(Short ver.)/Love Cocchi(2018年4月リリース)75万回再生

つんく♂がプロデュースしたLove Cocchiの「青春シンフォニー」が9位にランクイン。MVのパステルカラー使いにも表れているように、ストリングスが舞い繊細なエレピが鳴る、儚さを感じさせる作品になっています。またところどころに入る鐘の音もいいアクセントで、青春ならではの葛藤を抱く少女たちを鼓舞し祝福するようなものに。芯のあるメンバーの歌声や、自分の悪い部分に目を向けたり、家族と衝突したり、涙を流したりしながらも、それらを自らのステップアップの糧にしようとする10代の心の動きを、こと細かに描いた歌詞にも注目のナンバーです。

8位「好きで好きでしょうがない」/ラストアイドル(2018年8月リリース)88万回再生

ラストアイドルメンバー1期生22人全員(当時)が歌う3rdシングル表題曲。シリアスで緊迫感漂うサウンドの中、“好きだ”をひたすらに連呼するサビが強烈なインパクトを与えます。また曲と呼応するように、映画監督・山戸結希が手がけるMVもまた意味深長な作品に。各ユニットがそれぞれ別の高校として描かれ、学校同士の複雑な関係性が露わになる中(番組『ラストアイドル』でのバトルを想起させるような設定)、間島和奏、阿部菜々実、長月翠による、各々の感情が剥き出しになる壮絶な長回し演技が炸裂。互いに特別な感情を持っているものの、素直になれず相手から逃げたり、逆に激しく追い求めたりする間島和奏・阿部菜々実と、間島のことを一途に慕い追いかけ続ける長月翠というつらい三角関係が表現されています。最後はその3人を包み込むように、メンバー全員によるバイタリティ溢れるダンスシーンを展開。ラストまで息を呑んで見入ってしまうくらい、歌の圧と彼女たちの演技力に心を奪われるMVです。

7位「愛しか武器がない」/ラストアイドル2期生(2018年12月リリース)93万回再生

2期生のデビューシングル曲であり、映画『がっこうぐらし!』の主題歌となったナンバー。黒で統一された衣装、冷たい感じのするエレピ、歪んだギターサウンドなど、それまでのラスアイのイメージが覆るようなダーク感漂う作品となりました。また、メンバーが二手に分かれてそれぞれのリリックを歌うAメロ、言葉を吐き捨てるかのように歌うBメロなど、ひねりの効いたボーカルが聴けるのもこの曲の魅力。2グループの動きの対比や組み合わせが素晴らしい、見応えあるフォーメーションダンスも含め、デビューソングでありながら多くの技が詰め込まれた1曲です。

6位「愛を知る」/ラストアイドル(2020年4月リリース)108万回再生

今年4月にリリースされたばかりの最新シングル「愛を知る」が早くもランクイン! 曲調的にはAKB48を彷彿とさせるような王道ロックアイドルソングですが、歌が伝えるメッセージはオーソドックスからややかけ離れたものに。というのも、冒頭から早口ボーカルで“自分のことがずっと嫌いだったんだ/死んでしまいたいと思ってた”とショッキングな言葉を捲し立て、その後も“命の使い道を(持て余してる)”などヘヴィなフレーズが登場します。ここまでネガティブなワードが並べられているアイドルソングはなかなかないですし、サウンドの王道感とは正反対だと言えるでしょう。しかし、後半は“愛を知る”ことで主人公の心が開放されていく様子が描かれ、カタルシスを味わうことができます。ノリノリで聴きやすいけれど、情の機微を捉えた奥深さもあるナンバーです。

5位「Everything will be all right」/LaLuce(2018年10月リリース)110万回再生

LaLuceがプロデューサーバトルを制して獲得した、4thシングルの表題曲。本曲をパフォーマンスする際は、もちろんダンスをしながら歌うわけですが、それでも声がブレず、むしろ音源よりも声が張れているのが彼女たちのすごいところ。少人数ながらハモリや追っかけコーラスも見事に決めていて、その高度なボーカルスキルに素直に心が動かされます。また誰か1人の歌唱力がずば抜けているのではなく、各々のメンバーのボーカルが際立ち安定しているのも魅力の1つ。“やはりバトルで勝ち残った人たちの実力は違う……”と思わざるを得ないくらい、1人ひとりの歌が輝きを放っています。ロック×ユーロビートのサウンドも相まって、気持ちを一気に最高潮まで持っていってくれるハイテンションナンバーです。

4位「この恋はトランジット」(Short ver.)/Someday Somewhere(2018年4月リリース)130万回再生

指原莉乃が作詞・プロデュースを手がけた同曲は、ポップなメロディでありながら、心を抉るような生々しい言葉が出てくるのが特徴的。一言でいえば“自分を振った彼のことを忘れられない女の子”の心情を描いているのですが、“「元カノ」なんて呼ばないでよ/なんで 最近 モテてるの?”、“あの日 見捨てた事は忘れるわ”など、愛憎や嫉妬心を相手の喉元に突きつけるかのような表現が飛び出すのです。こんな踏み込んだフレーズをアイドルソングとして書くのもすごいですし、ミントグリーンの清楚な制服風衣装に身を包むSomeday Somewhereのメンバーに歌わせるのもすごい。このグループに対するイメージの幅が広がるような、指原プロデューサーの手腕に圧倒される1曲です。

3位「大人サバイバー」/ラストアイドル(2019年4月リリース)163万回再生

ラストアイドルの52名全員が歌唱した6thシングルの表題曲。本映像は曲とパフォーマンスの組み合わせが絶妙で、視聴者の胸にすさまじい余韻を残していきます。本曲で歌われるのは、何の準備もできていないまま自動的に“大人”として扱われることになってしまい、それでも夢を見ようと悪戦苦闘する少年少女たちの姿。一糸乱れぬ隊列を作ったり、その場を動かずほぼ無表情で直線的なダンスをしたりするMV中盤までのメンバーには、機械的かつ少し窮屈そうな印象があり、自由を求める若者たちの心情が重なっているように見えます。しかしボーカルやリリックに込められたメッセージは熱いもの。“(HEY! HEY! HEY!)”という勢いある掛け声や、命令口調ながらも“希望を捨てるな”と伝える歌詞が、この世を渡るすべての“大人”たちの背中を押していきます。映像のラストでやっと伸び伸びと歩き出し、美しい集団行動パフォーマンスを見せてくれる彼女たちの様子もなんだか晴れやか。多くの人にとって“人生のテーマソング”となり得るような、力強くも優しいナンバーです。

2位「青春トレイン」/ラストアイドル(2019年9月リリース)239万回再生

“バブリーダンス”で注目を浴びた大阪府立登美丘高校ダンス部のコーチ・akaneが手がけたパフォーマンスが話題の同作。真っ白な軍服風衣装を着て手足を大きく動かし、スカートをはためかせながら躍動するメンバーのダンスはもちろん見ものですが、曲にも聴きどころが満載です。たとえばバンジョーの陽気な音色とストリングスの切ない響きがマッチしたサウンドは、大人にも子どもにもなりきれない青春時代の複雑な心境を表しているかのよう。またリリックには“行進してりゃ満足か?”、“死んでも絶対大人にならない”など、まるで同曲の1つ前にリリースされた「大人サバイバー」のテーマやパフォーマンスと対峙するようなフレーズが出てきて、ドキッとします。ダンスにも曲にも“これまでの作品とは違う断トツのものを作り上げてやる!”と言わんばかりの気概が感じられる、芸術的要素の強い作品です。

1位「バンドワゴン」/ラストアイドル(2017年12月リリース)312万回再生

トップに輝いたのはラストアイドルのデビューシングル曲「バンドワゴン」でした! 本曲の歌唱メンバーは、番組での熾烈なバトルを勝ち抜いた阿部菜々実、吉崎綾、大石夏摘、安田愛里、長月翠、鈴木遥夏、古賀哉子。同曲を聴くと、歌っているのがこの7人だけにもかかわらず、ボーカルにかなりの厚みがあることに気づきます。サビのユニゾンにはまるで大勢で歌っているかのような強い響きと迫力がありますし、それ以外の1〜2人で歌う部分にも、はっきりとした発声により安定感がもたらされているのです。デビュー曲とは思えないほど堂々とした貫禄を放つ歌いっぷりに釘付けにされる、不朽のナンバーです。

グループ全体でも個々のユニットでも、ほかには真似できない個性を追求しているラストアイドル。彼女たちがこれからどのようなアイドルグループに成長していくのか、番組と合わせて引き続き楽しみです!