朝乃山全勝ターン 7月場所、幕内初

©株式会社北國新聞社

 大相撲7月場所(両国国技館)8日目の26日、大関朝乃山(富山市呉羽町出身、富山商高OB、高砂部屋)は西前頭4枚目の碧山を破り、8勝目を挙げて勝ち越しを決めた。初日からの8連勝は幕内で初めて。この日は関脇御嶽海が初黒星を喫し、全勝は朝乃山、横綱白鵬の2人となった。優勝への期待が高まる中、26歳の看板力士は「自分の相撲を取り切ることだけを考えたい」と力を込めた。

 新大関が第一関門を難なく突破した。朝乃山は碧山の突き、押しに下がらず前進。得意の右四つで組み止めると、両まわしを引きつけて寄り切った。「足が出て体も動いた」と納得の口ぶりだ。

 新大関による初日からの8連勝は高砂部屋の先輩でもある朝青龍らに並び昭和以降6位。八角理事長(元横綱北勝海)は「朝乃山は自信を持っている。(白鵬と)全勝対決になったらいいね」と願った。

 優勝争いについて朝乃山は「意識したら体が硬くなる。自分の相撲を取り切れば結果はついてくる」と語った。体調は万全で「睡眠はちゃんと取れている。食事もしっかり食べているから大丈夫」。報道陣に前日の夕食について聞かれると「何だったっけ。えー。忘れました。すいません」と人懐こい笑みを浮かべた。

 この日は新たな化粧まわしで幕内の土俵入りに臨んだ。朝乃山富山後援会の青木仁理事長(43)が社長を務める青木工業が贈ったもので、金太郎が黒いコイを抱いている様子を描いた「金太郎の抱き鯉(ごい)」のデザインとなっている。

 立身出世と身体堅固の意味があり、綱とりを願う白い綱も描いた。青木理事長は「このまま横綱を目指してほしい」と期待した。

 文句の付けようがない前半戦だった。朝乃山は貫禄たっぷりの「大関相撲」で力強さを見せつけ、4カ月ぶりの本場所を全勝で折り返した。

 好調の要因は立ち合いだ。鋭く踏み込み、足が出ているから前に攻め込める。重心が低く、得意の右四つになれば万全。たとえ持ち込めなくても、相手の動きをよく見て冷静に対応できている。

 新型コロナウイルスの影響で5月の夏場所が中止となり、1場所空いたが、朝乃山は自粛中に筋トレや基礎運動で体を鍛え上げた。その結果、下半身に安定感が増した。「ステイホーム」の期間をプラスに変え、一段とパワーアップしたことがうかがえる。

 ただ、前半戦は一瞬引いて呼び込み、危機一髪の一番もあった。後半戦は横綱白鵬や大関貴景勝らとの対戦を控える。久々の本場所で疲れが出てくる可能性もあり、真価が問われるのはこれからだ。