Minecraftカップ全国大会、作品応募は11/23まで

©株式会社イード

Minecraftカップ2020全国大会

Minecraftカップ2020全国大会は2020年7月22日、エントリー受付を開始した。2021年3月31日時点で18歳以下の個人を対象に、11月23日まで作品応募を受け付けている。テーマは「未来の学校~ひとりひとりが可能性に挑戦できる場所~」。

Minecraftカップは、教育版マインクラフトで創るワールドの作品コンテスト。すべての子どもたちがプログラミング教育や、デジタルなものづくりに触れることができる機会を創出し、子どもたちのプログラミング思考の醸成を目指している。

2020年の大会テーマは、「未来の学校~ひとりひとりが可能性に挑戦できる場所~」。将来どんな学校になったらいいと思うか。教室・体育館・音楽室・運動場など、学校の施設は将来どのような形になっていると思うか。“Society5.0”“持続可能な開発目標(SDGs)”など、未来を考えるテーマをもとに構想を広げて「Minecraft: Education Edition」のワールドで表現した作品を募集している。

参加対象は2021年3月31日時点で18歳以下の個人で、保護者の同意を得ること。Minecraft:Education Edition(教育版マインクラフト)がインストールされ、インターネットに接続された Windows 10、Mac OSX、iPadのいずれかが動作する端末、相互の端末が接続されたLAN環境が必要となる。

エントリー・応募期間は7月22日から11月23日まで。Webサイトにて受け付けている。エントリーが完了すると、教育版マインクラフトのライセンスが期間中貸与される。また、技術支援として、技術サポート動画の配信やオンラインワークショップを数回開催する予定だという。

専門家(コーチコミュニティ)による1次審査、参加者による相互評価(ピアボーティング)で行う2次審査を経て、2021年2月21日に最終審査会をオンラインで開催予定。最終審査会では参加者によるプレゼンテーション発表、審査員による評価を行い、各アワードを決定する。

◆Minecraftカップ2020全国大会

大会テーマ:未来の学校~ひとりひとりが可能性に挑戦できる場所~

応募期間:2020年7月22日(水)~11月23日(月・祝)

※エントリーが完了すると、教育版マインクラフトのライセンスが期間中貸与される

参加対象:2021年3月31日時点で18歳以下の個人

※エントリーには保護者の同意が必要

必要な環境:Minecraft:Education Edition(教育版マインクラフト)がインストールされ、インターネットに接続されたWindows 10、Mac OSX、iPadのいずれかが動作する端末、相互の端末が接続されたLAN

エントリー方法:Webサイトにて受け付けている

作品提出方法:Webサイト上の「作品応募」にある、リンク先の作品応募フォームより必要事項を入力して提出

部門:

・小学生低学年部門/9歳以下

・小学生高学年部門/9歳から12歳

・中学生部門/12歳から15歳

・高校生部門/15歳から18歳

アワード:

・各審査員賞

・Microsoft賞

・コロコロコミック賞

・最優秀賞

※詳細はWebサイトで確認できる

外岡紘代