1200メートル滑走路が当時のまま 鶉野飛行場跡の戦争遺跡群を巡る 兵庫県加西市

©株式会社ラジオ関西

旧日本海軍戦闘機「紫電改」の実物大模型の公開が人気を集める兵庫県加西市の鶉野飛行場跡。周辺には戦時中の名残をとどめる戦争遺跡が点在する。最寄りの北条鉄道法華口(ほっけぐち)駅から、加西市が整備した遊歩道を鶉野飛行場跡に向かって歩きながらレポートする。

駅を出てすぐ、路面に「飛行場跡1.7キロ」の表示。兵隊や面会の家族がいろいろな思いを胸に通った道を10分ほど歩くと爆弾庫跡がある。見るからに頑丈なつくり。その名通り、砲弾や爆弾、戦闘機の機銃弾などが保管されていた。

爆弾庫跡。コンクリートの厚さは壁が70センチ、天井は1メートルもあり、1トン爆弾にも耐えられる構造と言われた=加西市鶉野町

道沿いにはコンクリート造りではない、素掘りの防空壕跡が今なお崩れることなく残る。説明盤には「崩落しにくい土質の場所を選んだ」と記されている。

さらに進むと「姫路海軍航空隊」の看板が取り付けられた門柱と、衛兵詰所をイメージした建物が道の両脇に立つ。鶉野飛行場は1943(昭和18)年10月に発足した姫路海軍航空隊の訓練基地だった。

旧姫路海軍航空隊の入り口に立つ門柱(左)と衛兵詰所をイメージした建物(右)=加西市鶉野町

パイロットの養成のほか、滑走路に隣接する川西航空機姫路製作所鶉野組立工場で造られた紫電、紫電改の試験飛行にも使われた。長さ約1200メートル、幅約60メートルのコンクリート製滑走路が当時のまま残っているのは全国的にも珍しい。

当時のままの滑走路跡。わきには姫路海軍航空隊で編成した特攻隊で亡くなった63人と、練習中の事故で亡くなった人たちの名を刻んだ平和祈念の碑が立つ=加西市鶉野町(加西市提供)

滑走路跡の北西には掩体壕(えんたいごう)跡がある。半円形の堤。その囲いに運び入れた戦闘機を木の枝や葉で覆い、空襲から守った。

掩体壕跡には紫電を隠す状況をイメージし、貸与を受けた米軍の練習機「SNJ」が置かれている=加西市鶉野町

戦史研究家の上谷昭夫さん(81)=兵庫県高砂市=は「隠す作業を受け持った海軍設営隊の責任者が『敵に一機もやられなかったのが我が人生の誇り』と話したのが忘れられない。国民学校の子どもたちも作業を手伝った」と語った。

対空機銃座跡。低空を飛ぶ敵機を射撃する機銃が設置されていた=加西市東笠原町

【メモ】第1、第3日曜は紫電改の実物大模型の公開と、戦争遺跡群の一つ、巨大防空壕跡を整備したシアターで姫路海軍航空隊の特攻隊「白鷺隊」の遺書に基づく映像を上映している。模型の公開は午前10時~午後3時、上映は午前10時半、11時半、午後1時半、2時半の4回(各回20分)。シアターは希望日の前々日までに、加西市鶉野未来課(電話0790・42・8757)に予約が必要。