宮迫博之、週刊誌報道にガチギレ!カジサックのパワハラ降板騒動の誤情報に…「本気で怒ってます」

©株式会社ジーンステイト

画像:時事

24日にお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之さんが、自身のYouTubeを更新。

宮迫さんが週刊誌の事実と異なる報道にガチギレし、週刊誌の標的となったお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太さんを、一風変わったフォローをした、と話題になっています。

宮迫さんは、梶原さんをどのようにフォローしたのでしょうか。

宮迫博之、梶原雄太への誤った週刊誌の情報にガチギレ!「笑いに変えられる優しさ」と称賛の声

24日にお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之さんが、自身のYouTubeを更新。

宮迫さんは現在YouTuberとして、活躍されており、YouTuberのヒカルさんやレペゼン地球さんとコラボするなどの活動をしています。

そんな宮迫さんが、今回「カジサックの件、本気で怒ってます」というタイトルの動画を投稿しました。

宮迫さんは週刊誌に書かれた内容が、根も葉もない噂であると話し、その内容を訂正するために動画を投稿。

週刊誌の内容では、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太さんことカジサックさんが、YouTuberとして活躍する反面、お笑い芸人としてのスキルが下がり、大阪のレギュラー番組を降板したとのこと。

また、梶原さんの動画の編集スタッフのギャラが低くく、スタッフが辞めてしまい、宮迫さんのYouTubeの編集スタッフへと移籍したという内容を報じました。

宮迫さんは、これらの報道を完全に否定し、梶原さんのスタッフが自分の所にきたことはないと発言。

さらに、梶原さんがYouTuberとして活躍することにより、お笑い芸人としてのスキル低下に言及したされた内容に対しては、

「ええ加減にしたれや!まず勘違いしてんねん。カジは元々お笑い下手です。なんかYouTubeやって下手になったみたいに言ってるけど、彼は元々お笑いは上手くありません。みんな知ってることですよ」

と、梶原さんをいじる形で一風変わった擁護をしました。このコメントに続けて、

「カジの良さはそんな所じゃないんですよ。不器用でも一生懸命ぶち当たってって頑張ってる姿が面白さ、素敵な所やん。あいつがお笑い技術が高くてめちゃめちゃ面白かったことなんて、一度もないですから」

と、週刊誌の誤った内容に、激怒した様子。

この投稿を見たファンからは、

「梶原さん本人が言ってますもんね『ひな壇は今でも苦手』」

「笑いに変える優しさが宮迫さんらしい」

「週刊誌は起訴されないのかな?」

と、様々なコメントが寄せられました。

 

週刊誌の誤った情報は名誉毀損で訴えられるのか?実際に訴えている芸能人とは?

週刊誌の誤った情報に対して、宮迫博之さんはガチギレ。

週刊誌の記者の誤った情報によって、起訴されたりはしないのかというコメントが、多数寄せられていました。

週刊誌が誤った情報を流してしまい、タレントイメージに傷をつけてしまった場合、週刊誌を訴訟することはできるのでしょうか。

メンタリストのDaiGoさんは、自身の誤った情報を記載した記者や、誹謗中傷をした方に対して、現在訴訟を起こしているとのこと。

コロナの影響もあり、訴訟の問題は遅れているようですが、DaiGoさんが週刊誌に勝訴した場合、多くの芸能人が週刊誌に訴えるといった流れが起こることが予想されます。

週刊誌の誤った情報にガチギレした宮迫さん。

今後、週刊誌によってイメージを傷つけられたタレントが、今後週刊誌に起訴することが増え、誤った記事が減っていくのではないでしょうか。

(文:M.K)