『織田信長の子孫がおさめた町』柏原を探る 丹波市で歴史を訪ねる(4)

©株式会社ラジオ関西

明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫・丹波について、歴史をはじめ多面的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。4回にわたる丹波市内の歴史を訪ねるシリーズ、4回目の7月23日放送回では、『織田信長の子孫がおさめた町』柏原を散策。番組パーソナリティーである「兵庫・神戸のヒストリアン」として活躍する田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授が解説します。構成は同じくパーソナリティーを務める久保直子さんです。

丹波市役所柏原支所前にある織田神社の前に立つと、ちょうど目の前に大きなけやきの木があります。樹齢約1000年といわれ、小さな川をまたいで根っこが川の対岸まで伸び橋のようになっていることから「木の根橋」といわれ、兵庫県の文化財に指定されています。

樹齢約1000年といわれるけやきの木

柏原支所の建物は旧氷上郡柏原町役場の建物として1935(昭和10)年に建設されました。丹波市役所の分館として現在も利用されています。

木の根橋のすぐ西側に織田神社があります。柏原のお殿様は途中、幕府直轄の天領になった時期がありますが、その前も後も織田家が藩主でした。最初のお殿様は信包(のぶかね)。

大河ドラマ「江姫」でも描かれましたが、江姫が生まれた年に父の小谷城が落城し、娘たちの命は救われるものの、殺した浅井長政の娘を信長が育てるわけにはいかず、弟に頼みます。その弟というのが織田信包です。

信包の子ども、孫と、三代織田家が続くも、あとが絶え、そのため柏原藩は幕府直轄領になるのですが、その後また、今の奈良県にあった信長の息子の子孫の一族である織田家から、お殿様が転勤してくることに。

徳川幕府にとって織田家といえば豊臣家よりもう一つ前の、目の上のたんこぶ的存在。ぞんざいに扱えないものの、存在はあまり大っぴらにしたくないわけです。

そのため、この織田家のお殿様は大名ですが、城主としての格をもらっていないんです。城主の格を持っていない大名の館なので、柏原藩陣屋でした。この地には織田神社という織田一族を祭っている神社があり、織田神社の北側にあるこんもりとした山には八幡神社があります。

丹波があり、西北に但馬、東北に丹後、この3つの地域の人々の信仰を集めていたため、八幡神社のお祭りはお参りの人で物すごい人出となります。面白いのは八幡神社の建物のすぐ隣に三重塔が残っていることです。(神仏習合)

柏原藩陣屋跡の門の前から振り返ると、山の上に八幡神社の三重塔がみえます。柏原のお殿さんは江戸時代の初めに織田信長の弟の信包、信則、信勝と三代続いてあとは絶えてしまいました。

その後、幕府直轄領になり、元禄年間になって、大和から織田家の別の流れをくむ、信休というお殿様が藩主として転勤して来られます。幕末まで、この織田家が続いていきます。

この後半の織田家の初代のお殿様が柏原にやってきたあと、正徳4(1714)年に陣屋を造営。広大な敷地に大名の館が建てられましたが落雷や火災がおこり傷んだため、文政3(1820)年に表御殿を再建しました。現在、その一部が残っています。貴重な遺構です。

柏原藩陣屋跡

明治18年、この陣屋跡のすぐ北側に氷上高等小学校の校舎として作られた立派な洋館があり、県の文化財に指定されています。柏原黎明館と呼ばれ、現在はレストランになっています。

柏原藩陣屋跡の道路を隔てた正面には、柏原歴史民俗資料館と田ステ女記念館があります。記念館には「雪の朝二の字二の字の下駄の跡」という俳句を作った柏原出身の女流歌人・俳人の田ステ女(でん・すてじょ)関係の資料などが集められています。記念館のすぐ北側には田ステ女を顕彰する小さな石像が据えられ、その道に面して織田のお殿様の石像も建立されています。

田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん