映画『弱虫ペダル』永瀬廉&坂東龍汰がバーチャルサイクリングを体験!

©株式会社近代映画社

映画『弱虫ペダル』の主演の永瀬廉、同じく映画に出演の坂東龍汰がスポーツサイクル専門店Y’sRoad(ワイズロード)にて、‟公開記念 バーチャルライド” を体験した。

8月14日(金)より全国公開の映画『弱虫ペダル』は、累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画「弱虫ペダル」が原作。
永瀬廉演じる主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道。あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなった坂道が、そこで出会ったかけがえのない仲間たちの為にレースでの勝利を目指す青春ストーリ ー。

永瀬廉、坂東龍汰が劇中で着用していたチーム総北の衣装に身を包みバーチャルサイクリング体験。
また、キャスト陣の自転車の先生である城田大和氏と、原作者・渡辺航先生もバーチャルライドに参加した。
城田氏は、本作で自転車監修を担当しており元自転車プロロードレース選手。

初めてのバーチャルライドを目にした永瀬と坂東は興味津々のようで、「坂道の傾斜がきついほどペダルが重くなったりするんですか?」と早速質問をして食い入った。

3年前まで現役選手だった城田も「これまでの室内練習に比べ、傾斜や負荷が掛かることで実際の道を走っているような体感ができ、景色も変わって楽しめるので、長時間漕げていいですね。僕が現役時代の時はなかったのに、今の選手がうらやましい...」と羨む場面も。このバーチャルライドは、なんと2000人も参加できるのも大きな特徴。実際のロードレースは多くても200人というから、その差は歴然。

©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

永瀬廉コメント

自転車の作品なので、レースの部分が注目だとは思いますし、原作を見ている人は結末を知ってると思いますが、CG なしのリアルなレースが描かれているので、実写としての見どころの一つになっています!原作のような手に汗握る展開は映画でもちゃん描かれているので、レースならではのハラハラドキドキ感を是非、体感してください。

公開記念ライド 特別映像

STORY

主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通う、運動が苦手で友達がいないアニメ好きの高校生・ 小野田坂道(永瀬廉)。あることをきっかけに、自転車競技部に入部することになった坂道は、自転車選手としての思わぬ才能を発揮することになる。坂道の良き仲間で期待の新人エース・今泉俊輔(伊藤健太郎)や、マネージャーの寒咲幹(橋本環奈)、同じ自転車競技部のメンバーとともに自分の限界や壁を越え、初めて出来た「仲間」とともに、レースで走る喜びを見出していくー。
誰かの為に頑張ったり、頑張る誰かを応援したりー。 あなたもきっと応援したくなる、誰かに想いを伝えたくなる、今年一番熱い青春ストーリー!

映画『弱虫ペダル』

2020年8月14日(金)全国公開

■主演:永瀬廉(King & Prince)
■出演:伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、栁俊太郎、菅原健、
    井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星涼 / 皆川猿時

■原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)             
■監督:三木康一郎 ■脚本:板谷里乃・三木康一郎
■主題歌:King & Prince「Key of Heart」(Johnnys’ Universe)
■制作プロダクション:デジタル・フロンティア ■協力:ワイズロード
■製作:「弱虫ペダル」製作委員会   
■配給:松竹株式会社
■公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/yowapeda-eiga/
 公式twitter:@yowapeda_eiga   
 公式Instagram:yowapeda_eiga
©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

映画『弱虫ペダル』公式サイト 8月14日(金)全国公開!