酔った少女に性的暴行…容疑で消防士ら逮捕 夜の大宮カラオケ店 別個室の少女を連れ込み集団で犯行

©株式会社埼玉新聞社

大宮署=埼玉県さいたま市大宮区北袋町

 埼玉県さいたま市大宮区のカラオケ店の個室内で酒に酔った10代の少女に集団で性的暴行を加えたとして、大宮署は27日、準強制性交の疑いで、八潮市緑町3丁目、八潮消防署の消防士(23)ら男4人を逮捕した。

 他に逮捕されたのは、いずれも消防士で、川越北消防署の男(25)=狭山市東三ツ木、戸田市消防署の男(23)=戸田市本町4丁目、さいたま市桜消防署の男(23)=さいたま市中央区八王子3丁目。

 逮捕容疑は昨年11月2日、さいたま市大宮区宮町1丁目のカラオケ店で、県内に住む10代の少女に性的暴行を加えた疑い。同署は共犯事件として認否を明らかにしていない。

 同署によると、消防士らと少女に面識はなく、別々で入店。消防士らが利用していた個室内に少女を連れ込んだとみられるという。

 同日午前6時35分ごろ、少女が知人とともに大宮駅東口交番を訪れ、被害届を提出。防犯カメラの映像などから消防士らを特定した。

 消防士らは消防学校で知り合ったとみられるという。

 草加八潮消防組合の石川友紀消防長は「本組合職員が起こした不祥事については、誠に遺憾であり、地域住民の皆さまの信頼を裏切る事態となり、深くおわび申し上げます。事実関係を確認し、厳正に対処します」とコメントした。