登山技術を生かして石垣清掃 九州の愛好家、岡城跡に集結【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

ロープでぶら下がり石垣の草を取り除く会員=竹田市の岡城跡

 【竹田】竹田市の岡城跡(国指定史跡)で22日、九州各地の登山愛好家46人が石垣の清掃活動をした。

 アウトドアグループ「自然を愛する会」(阿南誠志会長、熊本市)が主催。熊本城でも同様の活動をした経験があり、大分県内をはじめ、福岡、熊本、宮崎、鹿児島各県から会員が駆け付けた。

 西の丸や二の丸では、クライミングの得意な会員が高さ約20メートルの石垣にロープでぶら下がり、石の間に生えた雑草を丁寧に取り除いた。和田喜代子実行委員長(83)=竹田市竹田=は「竹田のシンボルが大変美しくなった。多くの観光客に楽しんでもらいたい」と話した。