がん相談、県全域で気軽に

最上、米沢、南陽にセンター新設

©株式会社山形新聞社

 県は本年度、がんに関する悩みや不安に無料で対応する「がん総合相談支援センター」を、新たに最上、米沢、南陽の各検診センターに設置した。既設の山形、庄内の各検診センターの支援センターと合わせ、県全域の相談体制が整った。患者やその家族らの医療面の不安に加え、就労や生活など幅広い課題の解決を後押しする。

     ◇

 県は2017年度、やまがた健康推進機構に委託して山形、庄内の各検診センターでのがん相談業務をスタート。検診センター内の看護師や保健師らが相談に応じるほか、就労に関してはハローワークにつなぐ。

 19年度は、この2カ所で電話や窓口での対面、担当者の出張などを合わせて約300件の相談に応じた。「がん検診で精密検査の通知が届いた。どこに行けば良いか」「治療法や病気についての情報がほしい」「治療のために仕事を辞めたが、再就職したい」といった声が寄せられているという。

 各窓口は表の通り。新たに「がん総合相談支援センター」を設置した最上(新庄市)米沢(米沢市)南陽(南陽市)の各検診センターは、いずれも平日の午後に相談に応じている。いずれも窓口での対面相談は基本的に予約が必要となる。

 県健康づくり推進課は「自分のほか、家族など身近な人ががんになった場合に限らず、予防に関することを含めて気軽に相談してほしい」としている。

【県内のがん総合相談支援センター】 ▽山形検診センター内(山形市)  (0800)8008230=通話無料  平日午前10時~午後4時、第1土曜(4~12月)午前10時~正午

▽庄内検診センター内(酒田市)  (0800)8008618=通話無料  平日午後1~4時、第1土曜(4~12月)午前10時~正午

▽最上検診センター内(新庄市)  0233(23)3411  平日午後1~4時

▽米沢検診センター内(米沢市)  0238(21)8811  平日午後1~4時

▽南陽検診センター内(南陽市)  0238(43)6303  平日午後1~4時