コロナ、対策強化の指標作成へ

政府、重症者や空き病床数など

©一般社団法人共同通信社

西村康稔経済再生担当相

 政府は28日までに、新型コロナウイルスのさらなる拡大に備え、対策を強化する際の判断基準となる指標を作る方針を固めた。重症者数や患者受け入れが可能な空き病床数などが候補。基準を超えた自治体に対策強化を促す。31日に開かれる新型コロナウイルス感染症対策分科会で議論する。

 国が統一基準を示すことで、感染拡大の兆しが出た場合に、自治体が迅速に対応できるようにするのが狙い。

 具体的には重症者や60歳以上の高齢者の患者数のほか、感染経路が不明な感染者数、患者受け入れが可能な空き病床数など、地域の医療の逼迫状況に関わる数値を判断基準として検討する。