奴隷貿易がアメリカ大陸に及ぼした「遺伝的影響」、レイプや病気が関係 米研究

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

奴隷貿易が現代の南北アメリカ大陸の人口に及ぼした「遺伝的影響」について、レイプや虐待、病気、人種差別が関係していたとするDNA研究の結果が23日、米科学誌に掲載された。

米遺伝子検査会社「23andMe」が主導したDNA研究には、5万人以上が参加。大西洋を隔てたアフリカ大陸と南北アメリカ大陸に住む、アフリカ系の祖先を持つ約3万人も含まれる。

この研究は、16世紀から19世紀にかけて奴隷としてアメリカ大陸へ売買された数百万人ものアフリカ人の運命について、新たな観点から見直すものとなった。

研究結果は米科学誌「American Journal of Human Genetics」30200-7)に23日に掲載された。

歴史的資料との不一致

1515年から19世紀半ばまでの間に、1250万人以上のアフリカ人が売買された。

奴隷にされた男性と女性、子供のうち約200万人がアメリカ大陸に向かう途中で死亡した。

23andMeの集団遺伝学者スティーヴン・ミケレッティ氏はAFP通信に対し、遺伝的結果を奴隷船の記録と比較して、「どう一致して、どう異なるのかを見極める」のが目的だったと述べた。

奴隷にされた人がアフリカ大陸のどこから連れてこられて、アメリカ大陸のどこで奴隷にされたのかという点については、研究結果の大半は歴史的資料と一致した。一方で「一部のケースでは、かなり甚だしく一致しない」結果がみられたと付け加えた。


研究では、アフリカ系アメリカ人のほとんどが、現在のアンゴラとコンゴ(旧ザイール)に位置する領土にルーツがあることが明らかになった。これは、主要な奴隷貿易のルートと一致する。

驚くべきことに、アメリカとラテンアメリカでは、ナイジェリアにルーツを持つ人の割合が、記録されている奴隷の人数よりもずっと大きかった。

研究者たちは「主に1619年から1807年の間に起こった、植民地間での貿易」で説明がつくかもしれないと指摘する。

研究者たちは、「大西洋を挟んだ奴隷貿易が次第に禁止されていったため、おそらく奴隷経済を維持するために」、奴隷にされたナイジェリア人が英領カリブ海地域からほかの地域へ運ばれたと考えている。


セネガルやガンビアなどから最初に奴隷が送られ始めたとされているが、セネガルとガンビアにルーツを持つ人が少なかったことも、意外な発見だった。

これには、2つの残酷な要因が関係すると研究者は考えている。1つ目は、セネガルとガンビアからの奴隷の多くは、マラリア蔓延(まんえん)など諸要因で危険な状態だった稲作農園へ運ばれたこと。2つ目は、後年にさらに多くの子供が奴隷として送られたものの、その多くは生きて大西洋を横断できなかったことだ。


奴隷女性の出産と遺伝子プール

この研究ではもうひとつ、むごい発見があった。アメリカ大陸各地で奴隷にされていた女性への扱いが、現代の遺伝子プールに影響を及ぼしているという点だ。

奴隷の大半が男性だったにも関わらず、遺伝子プールへの影響はアフリカ系男性よりアフリカ系女性の方が圧倒的に多い。「奴隷主によるアフリカ人女性のレイプや、そのほかの性的搾取」が要因にあるかもしれないと、研究者たちは指摘した。

ラテンアメリカでは、アフリカ人男性1人あたり最大17人のアフリカ人女性が遺伝子プールに寄与していた。研究者たちは、多数の国に存在した「ブランケアメント」と呼ばれる白人化政策が一因だとしている。白人化政策では、「(混血の)子供を多く作ることでアフリカ系血統の影響を薄める」ため、欧州男性の入植移を積極的に奨励していた。

イギリスに植民地化されていたアメリカの地域では、遺伝子プールに寄与していた女性は、アフリカ人男性1人あたり2人のみだが、それでも搾取的なことに変わりなかった。

大西洋を挟んだ奴隷取引の禁止が近づくと、「奴隷労働人口を維持する手段として、奴隷に子供を作るよう強要する慣行」があったことを、この研究は浮き彫りにした。

アメリカでは、女性は子供の出産と引き換えに自由を約束されることが多かった。一方で、人種差別的な政策から、異なる人種が混ざりあうことは認められていなかったという。

「白人と同じように黒人の命にも意味がある」という意味が込められている「Black Lives Matter」運動は、アフリカ系アメリカ人や世界中のアフリカ系のルーツをもつ人々に対する、植民地主義と奴隷制度の有害な遺産に光を当ててきた。

奴隷制度のシンボルを美化するのをやめるよう抗議者たちが求める中、植民地時代の奴隷商人の像は引きずり下ろされている。

(英語記事 Genetic impact of African slave trade revealed