韓国外務省、安倍氏の像支持せず

「国際的な礼儀ある」

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】韓国外務省報道官は28日、従軍慰安婦問題を象徴する少女像の前でひざまずいて謝罪する安倍晋三首相をモチーフにした像が設置された問題を巡り、「一般的に外国の指導者に対しては国際的な礼儀がある」と述べ、設置を支持しない考えを示した。定例記者会見で述べた。

 菅義偉官房長官が同日午前の記者会見で「国際儀礼上、許されない」などと述べたことについて、報道官は「そうした礼儀の考慮が必要だと考えているのだろう」と理解を示した。

 像は韓国北東部・江原道の私立植物園の園長が私費で園内に設置した。