サンフランシスコ発体験型ストア「b8ta(ベータ)」日本上陸で2店展開。新宿マルイ本館の注目製品をピックアップ

©株式会社 音元出版

エンドユーザーに新たな体験をもたらすとともに、出品企業に実店舗への出店をより手軽に実現するための包括的なサブスクリプションモデルを展開する、米サンフランシスコ発の体験型の小売店「b8ta(ベータ)」が、このほど日本初上陸を果たした。b8ta Japanでは、8月1日に新宿マルイ本館1階と有楽町電気ビル1階の2店舗のオープン、本日記者発表会と2店舗の内覧会が開催された。本稿では新宿マルイ本館1階の内容を紹介する。

b8taでは、月額費用でスペースを貸し出す。店舗運営に必要な従業員の手配、トレーニングやシフト管理、在庫管理、物流サポート、POS は全て付帯サービスとして月額出品料金に含まれている。また、来店者がどのような体験をしたかを店内に設置したカメラを通じて収集、ソフトウェアで行動分析が可能であり、収集したマーケティングデータは出品企業に全て開示する。

エンドユーザーに対しては、出品製品の体験を提供する。コロナ渦の中でも措置をとり、製品を身につけるなど希望に応じることができるという。購入希望者には、製品によって販売する、あるいは別途販売場所を紹介するなど対応していく。

日本上陸にあたり合計145種類以上の出品商品が展開される。新宿マルイ本館ではおもにコスメや生活雑貨などを中心に70種類ほどが並ぶ。店舗は路面の入り口近くに配置され、魅力的な製品をアピールする。

以下新宿マルイ本館における今回の出品内容を抜粋する。