DESURABBITS、ファンからのリモート声援が響いた無観客生配信ライブをレポート!

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

7月26日@TSUTAYA O-WEST

ライブやインストアイベントが一切出来ないコロナ禍の4月時期に発売した最新シングル「一瞬で」が、オリコンデイリーチャート9位、ウィークリーチャート20位を獲得したDESURABBITS。今や、さまざまなアーティストたちが無観客生配信ライブを行い、リモート時代だからこその特色を活かした楽しみ方を模索している中、DESURABBITSは本来持っているライブ感を損なうことなく、今の時代に即した“新しい配信リモートライブの楽しみ方”にチャレンジした。それが、7月26日(日)にTSUTAYA O-WESTを舞台に行った無観客生配信ライブ『DESURABBITSオンラインリモートLIVE @TSUTAYA O-WEST』だ。

本公演の最大の魅力は“視聴者参加型”。そのために用いたのが、以下のメニューになる。

1.スマホ画面を押したタイミングで会場に声援を送れる『リモートチアラー』アプリ
(「拍手」「歓声」などを家にいながら会場へ、視聴者も演出参加!)
2.客席フロアーを彩った『感音LEDライト』を組み混んだファンからの『メッセージパネル』
(LIVEの音、歓声が生まれるたびに、メッセージパネルも感音してLEDが光輝く!)
3.最前管理ファンが『ZOOM』オンラインでライブへ参加!
(ZOOMの会話機能を用い、家からリモート声援、MC中の企画に参加!)
4.無観客ながらオーディエンスの歓声、コール、MIXが会場に溢れる!
(事前に編集準備した、ライブならではのお客さんの声援を音楽と同期!)
5.LIVEならではのコール文字を含めたVJ動画がスクリーンに!
(オーディエンスのコール音源とスクリーンのコール文字を同期!)

もともと今回の公演は、観客を迎えたワンマンライブを行う予定だった。ただご存じのように、今は、観客を招いてライブを行うのがとても難しい環境にある。本当ならDESURABBITSも、会場を埋めつくした形で行いたかった。でも、それが出来ない現状なら、配信LIVEで何が出来るのか?楽しめるのか?とメンバーたちはいろんな知恵を絞り出した。その中から“こういう形を取り入れたい”と選んだのが、音楽業界では初導入のシステムも用いたライブ配信だった。

ライブの冒頭を飾った「卒業少女-未来絵-」の時から、会場中に鳴り響く爆音とシンクロするようにフロアのメッセージパネルが終始点滅し続け、巨大なモニターに“Oi!”の文字が映し出されるたび、その文字に合わせ“Oi! ”という歓声が響き渡り、DESURABBITSはいつものライブと同じような空間に作りあげていった。メンバーたちの目の前に設置したモニターに映し出されるZOOMで参加している人たちも、一人一人がフロアの最前線にいる気持ちでメンバーらに熱い視線を注いでいた。

リモートチアラーは、スマホにアプリをインストールしたファンたちがMC中のメンバーの呼びかけに合わせてシーンボタンを押すと、音声を会場に流せるシステム。MCでも、KARINの2今日の衣装はどうですか?”の問いかけに“いいね!!”の声がこだますれば、メンバー紹介で見ている人たちがスマホを連打するたびに各メンバーの名前を呼ぶ声が場内中に大きく響いていたように、視聴者もリモートチアラーを用い、参加型ライブだからこその一体感を楽しんでいた。

序盤のブロックでは、DESURABBITS流の 令和時代をサバイブしてゆく生き方を高らかに歌った「Rayword」。激しいロックビートに乗せメンバーが可愛く跳ね続けた「うさぎのきもち」を披露。この曲の合間でも、手を振り上げるメンバーらの姿に合わせ“Oi! ”コールが同期する。「アイドル STAR WARS」では“MIX”の絶叫が飛び交う中、そのコールに答える様にメンバーたちも愛らしさ満載でパフォーマンス。

この日は、様々なリモートライブの楽しみ方を用意。序盤のMCでは、メンバーのスクショ撮影を実施。その写真を付け、“SNSを通して、今現在ライブ配信していることを拡散して”と観ている人たちに依頼。これも、オンライン生配信ライブだからこその有効的な宣伝方法だ。

他にも、 DESURABBITSがYouTube上にアップしているファスト(短い)ポップナンバー「put on the mask」の振りに合わせ、ZOOM参加者を筆頭に配信ライブを観ている人たちと一緒に“みんなと一緒に踊ってみよう”を実施。「リクエストコーナー」では、ZOOMに参加している人たちから“今からライブで聴きたい楽曲のリクエストをボードに書いて”と、その場で公募。その中で一番多った楽曲をガチで歌う形で行った。選ばれたのが「うさぎのダンス」。その場でリクエストに答え歌うスタイルも、生配信ライブならでは…というよりも、フットワーク軽く臨機応変に対応できる力を持ったDESURABBITSだからこそ出来るオンラインライブらしい楽しみ方だ。

中盤には、「メドレーコーナー」を用意。「うちゅちゅ」~「怪獣アンポンタン」~「Don’t think, Feel!」~「2nd Atteck」とDESURABBITSらしい激しいキャラポップな楽曲を連歌すれば、フロアに降り、メッセージパネルを前にパフォーマンスしてゆく様も見せていた。常にファンたちとの一体感を共有したいメンバーたちの想いは、そのステージングにもしっかり反映していた。

後半は、最新シングルの「一瞬で」、可憐でドラマチック、哀切さと情熱を抱いた楽曲に、誰もが熱い視線を送っていた。“一瞬で 気に入っていただけましたか?”の呼びかけに、リモートチアラーを用い数多くの人たちが“いいね!”のシーンボタンを連打。フロア中に“いいね!”の声が響き渡っていたことも報告しておこう。麗美さと激しさをクロスオーバー、ここから大きく羽ばたいてゆくメンバーたちの想いを宣言した「Magic of Butterfry」を通し、DESURABBITSは強い意志も示していった。

終盤は、ポップなのに破壊力満載な「恋する季節」「デスラビッツ軍の七ケ条」。そして、キラキラ弾け飛んだ「お祭りJAPAN」と3連打。ライブで熱狂を生み出す曲たちを次々届けることで、観ている側も騒ぎたい衝動を、モニター越しにメンバーらへぶつけていた。嬉しかったのが「お祭りJAPAN」に投影した“大好きだよー”“俺もー”のやり取り。何時ものライブで行う想いを交わす様を、DESURABBITSはしっかりと再現。モニターいっぱいに“俺もー”の文字が出た瞬間、“俺もー”と家で声を張り上げていた人たちも、きっといたに違いない。

最後にメンバーらの今の気持ちを歌にした新曲の「アイコトバ」をプレゼント。疾走する和風スタジアムロック曲に乗せ、自分たちも進化し続けるDESURABBITSから、また未来でみんなと逢おうとメッセージを送った。これからもファンたちと一緒に歩み続けるDESURABBITSにとって「アイコトバ」は、ライブで欠かせない“未来への合(愛)言葉”を綴った新しいアンセムになりそうだ。

8月には5カ月ぶりに直接観客と触れ合えるイベントにも参加するとはいえ、まだまだ一緒に熱狂を分かち合うのは難しい環境だ。だからこそDESURABBITSは、オンラインでも、お家からでも楽しめるリアルに最も近い、臨場感がある新しいライブ配信の楽しみ方を今回提示した。

SNS上でも“リアル現場だと声を出せなかったり規制が多いけど、コロナ以前に近い体験が出来た”“オンラインリモートLIVEながら一緒に参加してる感があってすごく楽しめた”“ライブ会場みたいに部屋が熱いよ~!”“無観客とは思えないパフォーマンスだった”“リモートの感覚がないくらい盛り上がれるライブだった!”などの反応の書き込みが数多く見られた様に、これが今後のスタンダードなスタイルになっていくのか…。この日のDESURABBITSは、熱狂を肌で感じるのみならず、その熱を、観た人たちがメンバーへ遠隔リモートでも返せるライブの楽しみ方を示していたのは間違いない。 何事も“初体験”は忘れられない思い出になる。そう、この日のライブのように…。

photo by Mana Hirai
text by 長澤智典

【セットリスト】
「卒業少女-未来絵-」
「Rayword」
「うさぎのきもち」
「うさきのダンス」(リクエスト曲)
「アイドル STAR WARS」
「でも、逃げんな」
「put on the mask」
メドレーコーナー
「うちゅちゅ」~「怪獣アンポンタン」~「Don’t think, Feel!」~「2nd Atteck」
「一瞬で」
「Magic of Butterfry」
「恋する季節」
「デスラビッツ軍の七ケ条」
「お祭りJAPAN 告白Night」
「アイコトバ」

【インフォメーション】

・8月23日『KARIN生誕祭』開催決定!
・8月10日『ギュウ農フェス夏のSP2020』@新木場スタジオコースト出演決定!

DESURABBITS オフィシャルHP

DESURABBITS オフィシャルInstagram

DESURABBITS オフィシャルBLOG

DESURABBITS YouTubeチャンネル