レバノン首相、イスラエルの対ヒズボラ攻撃激化を懸念

©ロイター

[ベイルート 28日 ロイター] - レバノンのディアブ首相は28日、イスラエルが国境で軍事行動をエスカレートさせ、レバノンの主権を侵していると指摘し、警戒を呼び掛けた。

イスラエルのネタニヤフ首相は、同国軍が27日、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラの越境攻撃を撃退したと発表。ヒズボラはこれを否定している。

レバノンのロイター記者は、イスラエルとの国境に近いシェバー・ファームズにイスラエルの砲弾数十発が着弾したと報告した。シェバー・ファームズは、レバノンが領有権を主張するが、イスラエルが占領している。

ディアブ首相は「国境地帯で緊張が高まっており、事態の悪化を懸念している。今後数日は警戒するよう呼び掛ける」とツイッターに投稿し、イスラエルが交戦規定を変えようとしていると指摘した。

1週間前、シリアの首都ダマスカス近郊で、イスラエルによるとみられる攻撃でヒズボラの戦闘員が死亡したことから、イスラエル軍はヒズボラの報復に備えてレバノンとの国境で警戒態勢をとっている。