コロナ禍乗り越え青森山田、3年ぶりV

©株式会社東奥日報社

3年ぶりの優勝を決め、マウンド上で喜びを爆発させる青森山田ナイン=28日午後、青森市のダイシンベースボールスタジアム

 夏の甲子園と地方大会中止に伴う青森県独自の代替大会「夏季県高校野球大会」(県高校野球連盟主催)は最終日の28日、青森市内で決勝を行い、青森山田が八戸学院光星を8-5で破って優勝した。新型コロナウイルスの感染予防策が徹底される中、いつもと違う「特別な夏」を勝ち抜いたナインは歓喜に沸いた。

 同校の夏の大会制覇は3年ぶり12回目。東北6県の各優勝校が顔をそろえる東北大会(8月9日開幕、宮城県石巻市)への出場権を手に入れた。

 今大会は、新型コロナの感染防止のため、選手たちの検温を徹底し、さらに原則無観客で試合が行われるなど、さまざまな対策を講じた上で開かれた。