【フィリピン】輸出業者の認証、オンラインで可能に[経済]

©株式会社NNA

フィリピンの貿易産業省は27日、輸出事業者が認証手続きをオンラインで行える制度を導入したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で事業者が厳しい状況にある中、オンライン化で手続き時間を短縮し、早期に優遇措置を受けることができるようにする狙いがある。

貿産省によると、対象事業者は必要な書類をPDFファイルの形式で輸出貿易局(EMB)に電子メールで送付すれば、1週間以内で手続きが完了し、1年間有効の電子証明書が交付される。

フィリピンでは1994年に発効した輸出促進法に基づき、1年間に生産する製品の70%以上を輸出している事業者を輸出志向事業者と認証し、調達した資材の付加価値税(VAT)を免除するといった優遇措置を適用している。