トマトの洋菓子1日発売 大玉の向山製作所 ワンダーファームと連携

©株式会社福島民報社

完成した新商品を手に福島の魅力発信への思いを新たにする織田社長

 生キャラメルの製造・販売で知られる大玉村の向山製作所は、いわき市四倉町のトマトのテーマパーク・ワンダーファームと連携し、洋菓子「トマトバジル薫るラング・ド・シャ」を八月一日に発売する。完熟トマトとお菓子のコラボレーションで県内外への魅力発信を図る。

 向山製作所が福島の産品、企業などと共に新たな価値を創造する新ブランド「ふくしまの力(FUKU+CHIKA=フクチカ)」の第二弾。ワンダーファームのトマトペーストをバジルと共に小麦粉の生地に練り込んで酸味と甘味を際立たせ、間にホワイトチョコレートを挟んでまろやかな味に仕上げた。特殊な機械が必要となるラング・ド・シャの製造には北海道の大手メーカーの協力を得た。

 向山製作所の織田金也社長は「トマトをどのようにお菓子として表現するか苦労したが、完成して良かった。今後も県内各地の魅力をお菓子にして発信したい」と言葉に力を込めた。

 トマトバジル薫るラング・ド・シャは八枚入り六百九十円(税別)、十六枚入り千三百八十円(同)。向山製作所の県内外七店舗のほか、東北自動車道安達太良サービスエリア上り線・下り線で販売する。

トマトとバジルを生地に練り込んだラング・ド・シャ