旭化成ジップロックの傘貸します

使用済みをリサイクル

©一般社団法人共同通信社

食品保存袋「ジップロック」をリサイクルして作ったビニール傘

 食品保存袋「ジップロック」を販売する旭化成ホームプロダクツ(東京)は29日、使用済みのジップロックをリサイクルして作ったビニール傘の貸し出しを9月中旬から埼玉県と東京都で始めると発表した。

 使用済みのジップロックは、回収を手掛けるテラサイクルジャパン合同会社(横浜市)のホームページで募集を始めた。傘のデザインは服飾雑貨販売のビームス(東京)が担当する。

 スマートフォンアプリで傘を貸し出すサービス「アイカサ」を利用し、西武池袋線の池袋―飯能駅間を中心に傘を設置する。アイカサは傘1本を24時間70円から借りられ、利用者数は約10万人に上る。