台所にまつわる様々なストーリー 家庭生活の中心は、やっぱり台所

©株式会社ジェイ・キャスト

家庭生活の中心は、なんといっても台所。料理を作ったり、家族で食事をしながら会話を交わしたりなど、台所には暮らし手によって様々なストーリーが存在する。

写真は、「天然生活」9月号(扶桑社)

雑誌「天然生活」9月号(扶桑社)の特集は、「笑顔が生まれる台所」。親子3代に受け継がれるレンガづくりの台所にまつわる物語や、便利な調理器具、台所のゴミ箱の工夫などを紹介する。

写真は、「笑顔が生まれる台所」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より
写真は、「思い出ごと受け継ぐ 親子3代のレンガづくりの台所」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より
写真は、「理想を詰め込み、キッチンを建てました」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より
写真は、「台所の「きれい 」の段取り」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より
写真は、「料理上手が毎日使う道具」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より
写真は、「15人の台所のゴミ箱拝見」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より

また、「栄養バランスのよい食事」と題した特集もある。特集では、管理栄養士の指導のもとで作成された3日分の献立や、栄養効率を上げるための食べ合わせ、大豆レシピなどを紹介する。

写真は、「栄養バランスのよい献立3日分」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より
写真は、「栄養効率を上げる食べ合わせ」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より
写真は、大豆レシピのページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より

今月号にはそのほか、「松下純子さん 浴衣&着物だから簡単に縫える リメイクソーイング」「活性炭の再利用について 阿部絢子さんと考えました」などの企画が掲載されている。

写真は、「松下純子さん 浴衣&着物だから簡単に縫える リメイクソーイング」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より
写真は、「活性炭の再利用について 阿部絢子さんと考えました」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より
写真は、「お金の使い方」のページ/「天然生活」9月号(扶桑社)より
  • 書名:天然生活 9月号
  • 出版社名: 扶桑社
  • 出版年月日: 2020年7月18日
  • 定価: 820円(税込)

(BOOKウォッチ編集部)