松井啓十郎さんと石田剛規さんが再開後の注目ポイントを解説!【シーズン再開ガイド】

©楽天株式会社

3月より中断されていたNBAの2019-20シーズンが、日本時間7月31日よりいよいよ再開される。過去に例がない異例の状況でリスタートを切るシーズンにおいて、注目しているチーム、選手、試合などを、「NBA Rakuten」の解説者陣がピックアップ。第3弾は松井啓十郎さんと石田剛規さんが登場。

松井啓十郎

【シーズン再開後の注目チーム】

ブレイザーズ。ウェストのプレイオフ8位スポットを狙っているので、この8試合(シーディングゲーム)は全勝したい気持ちで臨んでいるはず。そして怪我人も戻ってきたことによりチーム力がどう上がっているのか見てみたい! (トレバー)アリーザが出場しないということでカーメロ(アンソニー)にも期待が懸かる。

【再開するシーズンで注目している選手】

ブレイザーズのビッグマン2人、ザック・コリンズとユスフ・ヌルキッチ。怪我をして長い間プレイをしていなかったが、このタイミングで2人が帰ってきたことにチームはどうフィットするのか。また、(CJ)マッカラムと(デイミアン)リラードの負担を減らすことができるのか?

【 再開シーズンで注目している試合】

ブレイザーズにとってすべてが負けられない試合ではあるが、その中でも一番最初のグリズリーズ戦。3.5ゲーム差と微妙に離れている。この試合に勝つか負けるかでプレイオフが決まると言っても過言ではない。オフェンス能力の高いリラード対モラントのポイントガード対決も面白い。

【東西カンファレンスの最終順位予想】

イースタン・カンファレンス

1位:バックス

2位:ラプターズ

3位:セルティックス

4位:ペイサーズ

5位:ヒート

6位:76ers

7位:マジック

8位:ネッツ

ウェスタン・カンファレンス

1位:レイカーズ

2位:クリッパーズ

3位:ナゲッツ

4位:ジャズ

5位:マーベリックス

6位:ロケッツ

7位:サンダー

8位:ブレイザーズ

【今季のアウォード予想】

MVP: レブロン・ジェームズ(レイカーズ)

最優秀守備選手:アンソニー・デイビス(レイカーズ)

新人王:ジャ・モラント(グリズリーズ)

最優秀シックスマン:ルー・ウィリアムズ(クリッパーズ)

MIP:バム・アデバヨ (ヒート)

最優秀コーチ:ニック・ナース(ラプターズ)

【今季の優勝チーム予想】

バックス。レイカーズ対バックスのファイナルが見たい! 去年はカンファレンス・ファイナルでラプターズに負けて、今年こそはファイナルに行き、優勝したい気持ちが強いはず。バックスのほうが若くてサイズがあり、そしてディフェンスをしっかり頑張るから!

石田剛規さん

【 シーズン再開後の注目チーム】

マイアミ・ヒート。14勝19敗とアウェイで弱かったが、バブル内ではホーム&アウェイの影響が少ないのでは? バックスとラプターズに対し、共に2戦2勝と勝ち越しており上位チームを倒す力もある。若手とベテランのバランスが良く、ダンカン・ロビンソン、バム・アデバヨ、ケンドリック・ナンといった若手がプレイオフを勝ち進み経験を積むことで、さらに勢いをもたらす。

ベテランのゴラン・ドラギッチ、ジェイ・クラウダー、アンドレ・イグダーラが若手に経験を伝えつつ戦えることも好材料。もちろんエースのジミー・バトラーの存在も大きい。ゾーンディフェンスを効果的に用いて相手のリズムを崩すのが上手い。 コロナの影響で選手の入れ替わりがあり、チームケミストリーに不安があるチームは、ゾーンに戸惑うことも考えられる。

【 再開するシーズンで注目している選手】

ポール・ジョージ。今シーズン、チームは好調だが、いまひとつ調子が上がらなかった。中断期間にてコンディショニングが改善され、彼らしいパフォーマンスを期待したいし、それが優勝にも繋がると思う。

【 再開シーズンで注目している試合】

クリッパーズとレイカーズのプレイオフでの試合。コービーの事故もあり絶対に優勝したいレイカーズと、ディフェンス力と選手層ともに安定し、優勝に一番近いクリッパーズ。カンファレンス・ファイナルになると思うが、熱い試合になりそう。

【 東西カンファレンスの最終順位予想】

イースト・カンファレンス

1位:バックス

2位:ラプターズ

3位:ヒート

4位:セルティックス

5位:ペイサーズ

6位:76ers

7位:マジック

8位:ネッツ

ウェスタン・カンファレンス

1位:レイカーズ

2位:クリッパーズ

3位:ナゲッツ

4位:マーベリックス

5位:ロケッツ

6位:サンダー

7位:ジャズ

8位:ブレイザーズ

【 今季のアウォード予想】

MVP:レブロン・ジェームズ(レイカーズ)

最優秀守備選手:アンソニー・デイビス(レイカーズ)

新人王:ジャ・モラント(グリズリーズ)

最優秀シックスマン:モントレズ・ハレル(クリッパーズ)

MIP:バム・アデバヨ (ヒート)

最優秀コーチ:ニック・ナース(ラプターズ)

【今季の優勝チーム予想】

ロサンゼルス・クリッパーズ。圧倒的な守備力はプレイオフを勝ち抜くのに一番大切な要素。カワイ・レナード、ポール・ジョージ、べバリーらが揃うロスターは選手層が厚く、セカンドユニット(ルー・ウィリアムズ、ハレル)も頼もしい。ラプターズを優勝に牽引したカワイ・レナードの破壊力とビッグショットへの期待も高い。 中断期間でジョージが復調していれば、より優勝に近づく。

(C)2020 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.