巨匠と一緒に富士山を ~丸山清人絵師の『銭湯背景画教室』~

©株式会社ライトアップ

丸山絵師が直接指導

『銭湯背景画教室』の告知チラシ(2019年分)

『銭湯もりあげた~い』主催のオリジナルイベント『銭湯背景画教室』は、現在日本に3人しかいない「銭湯絵師」のうちの1人で最年長(2020年7月現在、84歳で現役バリバリ)の丸山清人さん直接指導のもと、1日で富士山のペンキ絵を描き上げる講座です。
2016年にスタートし、今のところ第7回まで開催しました。
会場は、東京都国立市のギャラリービブリオさん。
こちらはオーナー・十松弘樹さんのご実家だった、築50年超・2階建ての味わい深い木造家屋をギャラリーとして活用しているのですが、かつてはここでご祖父様が『富士見湯』さんという銭湯をやっていらしたそうです。
なので、オーナーの十松さんも銭湯への熱い想いを持っていらっしゃいまして、丸山清人絵師の個展を毎年開催しています。

丸山さん個展の会期内に開催されたライブペインティング。
(2017年、ギャラリービブリオ)
上2枚は、2階ベランダから撮影。なかなか見る機会のない下描きのシーンを。

2016年には『くにたち銭湯フォーラム』というトークイベントも開催しました。

銭湯トーク&演芸の『くにたち銭湯フォーラム』告知
(チラシデザイン=メソポ田宮 富士山画=丸山清人絵師)

ギャラリービブリオさんでは、今年も10月1日(木)~10月11日(日)に『銭湯絵師丸山清人個展』を開催予定です。
今回が通算6回目。A3サイズ程度のものを中心に約30点、展示販売予定だそうです。

この秋も『銭湯絵師丸山清人個展』
ライブペインティングは「“密”なので、今年はありません。」とのことです。。。。

GALLERY BIBLIO (ギャラリービブリオ)

富士見湯のこと - 国立駅前・ギャラリービブリオ連絡版(蕃茄庵日録別板)

このビブリオさんの、畳の大広間(メインギャラリー)を使って行うのが『銭湯背景画教室』です。定員は12名。
丸山さんの指導を受けながら、約5時間に渡ってA4または四ツ切りサイズのアクリル板にペンキ絵を完成させます。

『銭湯背景画教室』の様子。さまざまな方が参加されています。
右側に見覚えある帽子の方...そう、町田忍さんです。

この講座の最大の魅力は、丸山さんによる直接指導。
ワタシも受講したことがあるのですが、思い通りに描けず悩むワタシの作品に丸山さんがスイスイッと筆を加えると、見違えるほどいい絵に変わったのでした。
(ワタシはイラストレーターではありますが、風景画は苦手なのです…)

ご指導中の様子。丸山さんが筆を入れると、魔法のように富士山が…

できあがった作品は、自宅のお風呂場に飾ることも可能。
自分が描いた富士山画を眺めながらの入浴が楽しめます。

これまで、町田忍さんをはじめ、「銭湯大使」のステファニー・コロインさん、「銭湯OLやすこ」こと奥野靖子さんなども受講。
それぞれ、素晴らしい富士山を描かれました。

丸山さんに教えを乞う「銭湯OLやすこ」奥野靖子さん。
迫力ある、ダイナミックな富士山を描かれていました。

丸山さんの優しいお人柄にも触れることができる、素敵な機会。

今年は新型コロナの影響で延期になってしまいましたが、次回開催の際はぜひ参加してみてください。
最新のイベント情報は『銭湯もりあげた~い』のFacebookページで更新中です。

銭湯もりあげた〜い

そして『銭湯富士山親子展』

『銭湯背景画教室』で完成した作品は、できあがったら終わりではありません。
ギャラリービブリオさんと、ビブリオさんから徒歩約10分のところにある銭湯『鳩の湯』さんの脱衣所の壁に、丸山さんの作品と共にズラリと飾る『銭湯富士山親子展』への出展もあるのです。(希望者のみ)

当時の『鳩の湯』さんの浴室のペンキ絵も丸山さん作だったので、浴室+脱衣所が富士山だらけのおめでたい空間となっていました。
(『鳩の湯』さんは2020年4月に改築リニューアルオープンしました)

『銭湯富士山親子展』ギャラリービブリオさんでの様子

2017年には、『富士山親子展』会期中にTBSラジオ『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』の生中継も行われ、「脱衣所の床が抜けるかと思った」(『鳩の湯』若旦那さん談)というほどのお客さんが集まりました。

“舌好調”マムちゃん in 『鳩の湯』さん。壁には『銭湯富士山親子展』の作品たち

国立市に1軒だけの銭湯『鳩の湯』さん

そんな国立市の銭湯、『鳩の湯』さん。
「国立市に銭湯を残したい!」という若旦那夫婦が奮起なさって、2020年4月に改築&大リニューアル。

旧『鳩の湯』さん外観。“ザ・昭和銭湯”的なよき味わいがありました。

写真上:旧『鳩の湯』さん浴室。丸山さんによるペンキ絵、完成直後の様子。
(撮影=町田忍さん)
写真下:男湯/女湯の壁にのぼって、撮影する町田忍さん。

以前の浴室には、『銭湯もりあげた~い』の広告も出させてもらっていました。

旧『鳩の湯』さん浴室に掲出した広告。浴室写真の右(男湯側)にも小さく写っています。
(女湯側はペンキ絵が塗りたて状態なので外してあります)

新しい『鳩の湯』さんはロビーでくつろげて、サーバーで注がれる生ビールも飲めます。

現在の『鳩の湯』さん外観。

ロビー、券売機の上には丸山さんのペンキ絵が。

お湯わいてるぞうのリニューアルお祝いイラストも飾っていただいております。

そして、浴室には丸山さんの富士山画を岐阜県多治見市・山周セラミックさんがモザイクタイルで!

浴室のモザイクタイル画。上=男湯、下=女湯
(写真提供=『鳩の湯』さん)

軟水のお湯、高濃度炭酸泉&シルキーバスも気持ちいい、心やすらぐ空間ですよ~。

鳩の湯 | くにたちのお風呂屋さん

次回も、また違った角度から銭湯さんの魅力をお伝えしたいと思います(♨️▽♨️)

著者略歴

ゴールデン横丁の仲間たち | メソポ田宮文明(メソポタミヤブンメイ)