米の感染死者15万人超す

南・西部の流行で再拡大

©一般社団法人共同通信社

救急隊員によって病院から移送される新型コロナウイルス感染患者=29日、米フロリダ州ハイアリーア(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染による米国の死者が29日、15万人を超えた。感染者は約440万人で、いずれも世界最多。5月以降は減少傾向だった1日当たりの死者数は、南部や西部での流行に伴って7月上旬から再び増加に転じており、収束には程遠い状況だ。

 州別の死者数の累計は、早い段階で感染が広がった東部ニューヨーク州が約3万2千人と最多で、東部ニュージャージー州が続く。米メディアによると、最近のホットスポット(一大感染地)の南部フロリダ州やカリフォルニア州では29日、1日当たりの死者数が過去最多を記録した。