緊急地震速報、揺れ観測されず

気象庁がミス、震源や規模誤る

©一般社団法人共同通信社

伊豆諸島・鳥島

 気象庁は30日午前9時38分、房総半島南方沖を震源とするマグニチュード(M)7.3の地震が起きたとして緊急地震速報を発表した。その後、国内で有感地震(震度1以上)の揺れは観測されず、震源地や地震の規模を誤ったと分かった。

 実際は午前9時36分ごろ、太平洋の鳥島近海を震源とするM5.8の地震が起きていた。当初発表した震源とは約450キロも離れていた。

 同庁の関田康雄長官は参院国土交通委員会の閉会中審査で「大きく推定が異なった。原因を究明し、早急にシステムの改善に努める」と述べた。