伊方トラブル再発防止策 「適当」判断の報告書承認 県原発環境安全管理委員会

©株式会社愛媛新聞社

 定期検査中の四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)での誤った制御棒引き抜きなど1月に続出したトラブル4件について、県伊方原発環境安全管理委員会(会長・神野一仁副知事)は29日、松山市で、四電が示した原因や再発防止策を管理委の原子力安全専門部会が「適当」と判断した報告書を承認した。一連のトラブルに関し、中村時広知事は国と県の専門家による報告書の検証が済まない限り、定検の再開を容認しない方針を示していた。