0歳長男虐待、元千葉県職員に猶予判決 「育児疲れ」や反省認める

©株式会社千葉日報社

千葉地裁

 千葉県職員の男が生後4カ月の長男に複数回暴行し重傷を負わせたとされる事件で、傷害の罪に問われた県総務部政策法務課の元主事、石谷健二被告(24)=懲戒免職=の判決公判が29日、千葉地裁で開かれ、安藤範樹裁判長は懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。

 判決理由で安藤裁判長は、長男を保護すべき父親にもかかわらず「抵抗できない乳児に一方的に強力な暴行を繰り返しており悪質というほかない」と指摘。妻に疑われないよう対応したことなどから「身勝手かつ陰険な犯行」と非難した。

 一方、育児疲れで精神的に追い詰められていたことや反省の態度を認め、執行猶予付き判決が妥当とした。弁護側は執行猶予付き判決を求めていた。

 判決によると、昨年11月24日~12月2日ごろ、当時住んでいた千葉市稲毛区のアパートで、長男の頭や腹を殴るなどの暴行を複数回加え、頭部骨折の重傷など全治最長2カ月のけがを負わせた。

 石谷被告の判決を受け、森田健作知事は「大変重く受け止めている。県としては、今回のようなことが二度とないよう児童虐待防止に全力で取り組む」とのコメントを出した。