野党党首、国会召集の要求を決定

31日にも憲法根拠に衆院提出

©一般社団法人共同通信社

野党党首会談に臨む立憲民主党の枝野代表(中央)ら=30日午後、国会

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党首は30日、国会内で会談し、憲法53条に基づく臨時国会召集要求を行う方針を決めた。31日午前にも大島理森衆院議長へ要求書を提出する。安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染再拡大や政府の観光支援事業「Go To トラベル」を巡る混乱、豪雨災害対応について国民への説明責任を果たしていないとして、国会出席を迫る構えだ。

 立民の枝野幸男代表は会談後、記者団に「閉会中審査に首相の出席を求めたが、政府、与党は応じない。お盆休み返上で一日も早く国会を召集すべきだ」と強調した。