西川貴教の圧におびえる?鬼龍院翔 「リスペクトしてますよ!!」アニポケ新OPでタッグ結成も...

©株式会社ジェイ・キャスト

アニメ「ポケットモンスター」(テレビ東京ほか)の公式ツイッターアカウントは2020年7月30日、オープニングテーマ曲「1・2・3」の新たな担当歌手を発表した。

アニメ「ポケットモンスター」公式アカウントより

起用されたのは、歌手・西川貴教さんとビジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔さんだ。

「あの頃は若過ぎたんです...」

2019年11月から放映されているオープニングテーマ曲「1・2・3」は、ニコニコ動画出身の人気歌い手・そらるさんとまふまふさんによるユニット「After the Rain」が担当している。同曲は、まふまふさんがプロデュースおよび作詞・作曲・編曲を手がけており、今後さまざまなアーティストが歌い継いでいくと発表されていた。

西川貴教さんと鬼龍院翔さんによるユニット「西川くんとキリショー」が歌う主題歌は、2020年8月9日から放映される。西川さんはこの発表内で、鬼龍院さんについてこう語る。

鬼龍院さんはこのコメントに対して、ツイッター上で弁解。

さらにその後、鬼龍院さんは自身のファンに向けてこうツイートした。

ファンからは「やるなはやれの裏返し笑」、「ヤンチャしてログ残ると、あの頃のプレイバックみたいなので再び過去の自分と相まみえることに」といじられ、リプライ欄に鬼龍院さんの過去の行状が載せられている。というのも、鬼龍院さんは2015年、NHKの「第66回NHK紅白歌合戦」でアニメ「ポケットモンスター」シリーズの主人公であるサトシの格好で、かつての主題歌「めざせポケモンマスター」を歌唱。さらに2018年、福岡県で開かれた野外音楽フェス「宗像ミュージックフェスティバル」でも、「ポケモン」の人気キャラクター「ピカチュー」、「イーブイ」と共演するなど、自由なコラボを果たしてきた。ファンからは、今後の活動にも期待が高まっている。