CBとCF、両刀使いのJリーガー5選

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

ヨーロッパのサッカー選手と比較して、高身長で強いフィジカルに恵まれている日本人選手はそれほど多くはない。もしそのような体格に恵まれていれば、当然ながら監督はそれを最も活かす方法を考える。

身体能力に恵まれた選手は、基本的に守備と攻撃の要となる重要なポジション、センターバック(CB)あるいはセンターフォワード(CF)として起用されることが多いが、その両方のポジションをカバーできるJリーグの選手も数人いる。

今回は、CBとCFを両方経験してきたJリーガーたちをまとめてみよう。


三國ケネディエブス 写真提供: Gettyimages

三國ケネディエブス

青森山田高校のメンバーとして大活躍し、2019年よりアビスパ福岡でプレーする三國ケネディエブス。彼は高校2年の時にFW(フォワード)からCBにポジションを転向したことでJリーグのスカウトからの評価が上がり、プロの世界に入ることができた。

ファビオ・ペッキア監督の元で2019年のJリーグ開幕戦からレギュラーとして試合に出場し、同年ポーランドで開催されたU-20ワールドカップ(5月23日〜6月15日)でも実力を見せた。

2020年のJリーグ開幕直後は出場機会に恵まれなかったが、先日(2020年7月29日)行われた第8節、福岡VS愛媛戦では意外な形でピッチに立つこととなった。

先制点を奪われ、試合の展開を変える必要があった福岡。今シーズンから同クラブを指揮する長谷部茂利監督は、195センチと高身長に恵まれているDF(ディフェンダー)三國をCFとして起用した。すると三國は監督の期待に応え、見事なヘディングで同点弾を挙げた。


盛田剛平 写真提供: Wikipedia English (Vickerman625)

盛田剛平

サンフレッチェ広島やヴァンフォーレ甲府など多くのJクラブでプレーし、2017年に引退を迎えた盛田剛平。神奈川県の桐蔭学園1年時(1992年)にはDFとして登録されていたが、2年の時にCFにコンバートされた。

珍しいことに、盛田はその後のキャリアでもCB、SB(サイドバック)、CF、と、全く役割の異なるポジションの転向を何度も経験することになる。

盛田は1999年、浦和レッズでFWとしてプロデビュー。結果を出せずセレッソ大阪と川崎フロンターレにレンタル移籍するも、レギュラーとして定着しなかった。

その後、広島時代(2004-2011)のメインポジションはCBとなる。さらに後の甲府時代(2012-2016)では、2014シーズン中にチームに純粋なCFが少なかったことから、再びFWへコンバートされることとなった。


熊谷駿 写真提供: Gettyimages

熊谷駿

中学1年の時から180センチの身長に恵まれていたDF熊谷駿(現在は190センチ)。2015年に甲府に加入すると、翌2016シーズンからはDFだけでなく、FWとしても出場する機会があった。

甲府サポーターの記憶に最も残っているであろう熊谷の試合は、2016年5月8日、J1リーグ第11節の横浜F・マリノス戦だ。同試合で熊谷は、プロ初出場にして初得点も果たした。

その後熊谷は、2017年12月にアルビレックス新潟シンガポール(シンガポールを本拠地とするサッカーチーム。日本の新潟の下部組織でもある)に移籍し、現在はカンボジアのナショナル・ポリス・コミッサリーに所属している。これら両チームではDFとして登録された。

山村和也 写真提供: Gettyimages

山村和也

2019年から川崎でMF(ミッドフィルダー)として登録されている山村和也。学生時代は国見中学校でFW、MFとしてプレーし、国見高校に上がるとDFに転向した。

2012年に鹿島アントラーズへ入団すると、プロ初年度から背番号「4」を背負いCBとして活躍したが、ボランチとして使われる時期もあった。

2016年セレッソ大阪に移籍後、山村のポジションは大きく変わる。当初はボランチとしての活躍を期待されての加入だったが、夏の移籍期間中にMF山口蛍がクラブに加わると、控えメンバーとしての試合が増えることとなった。

2017年にトップ下にコンバートされた山村は、決勝点となるゴールを決める活躍を見せる。同シーズン中はトップ下を中心に、ボランチ、CB、CFとしても出場機会があった。


田中マルクス闘莉王 写真提供: Gettyimages

田中マルクス闘莉王

2019年12月1日に引退発表をした元日本代表のレジェンド田中マルクス闘莉王。彼ほどCBとCFの両ポジションをこなせる選手はいないだろう。

闘莉王は2001年から2009年にかけて広島、水戸ホーリーホック、そして浦和の守備の要になった。そして後の名古屋グランパス時代(2010-2016)にはFWとして出場することもあった。

闘莉王ファンにとって最も記憶に残っているFWとしてのエピゾードは、京都サンガ時代(2017-2019)の出来事だろう。2017年4月15日に行われた第8節の愛媛戦。闘莉王はFWとして出場し、見事なハットトリック(3得点)を達成した。

35歳11カ月22日で挙げたそのハットトリックは、J2最年長記録を更新し、J1・J2・ルヴァン杯の得点を合わせると、闘莉王はJリーグ公式戦通算得点102得点でJリーグ史上最多得点のDF登録選手となった。