シニアゴルフ、観客入れて開幕

静岡、柳沢伸祐が64で首位

©一般社団法人共同通信社

第1日、首位に立った柳沢伸祐=朝霧CC(日本プロゴルフ協会提供)

 男子シニアゴルフの今季ツアー初戦となる「ISPSコロナに喝!!シニア」が30日、静岡県の朝霧CC(6788ヤード、パー72)で開幕した。新型コロナウイルスの影響で3カ月半ほど遅れての開幕戦は、入場無料で323人の観客を受け入れて2日間大会の第1ラウンドが行われ、柳沢伸祐が64で首位に立った。

 11位発進した日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長によると、選手とスタッフ合計約150人がPCR検査を受け、全員が陰性だったという。レギュラーツアーに先駆け観客を入れて開催したことに「シニアは観客がそんなに多くない。ギャラリーがいて、その中でやるのが本来の姿」と話した。