志賀原発の報告書承認 石川県安管協

©株式会社北日本新聞社

 北陸電力志賀原発(石川県志賀町)の安全性について協議する石川県原子力環境安全管理協議会(安管協)は30日、同県庁であり、周辺環境の放射線監視結果や温排水影響調査結果の報告書を承認した。

 学識経験者ら委員24人や福村章北電原子力部長らが出席。会長の田中新太郎副知事が原子力規制委員会の新規制基準適合性審査会合について触れ「北電には適切で的確な対応、規制委には科学的根拠に基づく厳格な審査を行ってほしい」とあいさつした。