セブンイレブン、セミセルフレジを設置、1日約7時間の業務削減に

©ダイヤモンド・リテイルメディア

従業員が商品バーコードを読み取った後、精算は利用客自身が行う。

セブン-イレブン・ジャパンは7月29日、セミセルフレジを導入すると発表した。9月以降、全国のセブン-イレブン店舗に順次導入を開始、2021年8月までに全エリアでの導入を完了する見込みだ。

名称は「お会計セルフレジ」で、従業員が商品バーコードを読み取った後、精算は利用客自身で行う。既存のPOSレジスターを活用しながら、現金会計用の精算機やカード読み取り端末を新たに設置する。クレジットカード、デビットカードの他、電子マネー「nanaco」、「Suica」など交通系電子マネー、各種バーコード決済にも対応する。

一部の店舗でテスト導入して検証したところ、平均的な売り上げと客数の店舗では1日当たり約7時間のレジ接客時間の削減につながることが分かったという。これにより、来店客のレジ待ち時間の短縮と従業員の作業負担の軽減が見込める。

また、従業員が現金に触れずに接客できるため、新型コロナウイルスの感染防止にも効果的としている。

【小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】