白鵬休場、右膝が悪化

横綱不在、「早く土俵に戻る」

©一般社団法人共同通信社

横綱白鵬

 大相撲の東横綱白鵬(35)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が7月場所13日目の31日、日本相撲協会に「右膝半月板損傷、膝蓋大腿靱帯損傷、関節内血症で今後約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。

 宮城野親方によると、4日目の隆の勝戦で古傷のある右膝を痛めた。痛み止めの注射を打つなど治療しながら出場を続けたが、12日目に御嶽海に敗れた際に悪化させた。白鵬は「今はただ一日も早く土俵に戻れるよう、新しいけがと自分の体に向き合い、治療致します」とコメントした。

 鶴竜が2日目から休んでおり、1月の初場所以来の横綱不在となった。