都の時短営業、業種拡大も

コロナ感染、連日最多で小池氏

©一般社団法人共同通信社

記者会見する東京都の小池百合子知事=31日午後、都庁

 東京都の小池百合子知事は31日の定例記者会見で、新規感染者が連日の最多更新となる463人に上った新型コロナウイルスの状況に関し、今後の推移次第では時短要請する業種などを拡大する可能性があるとの認識を示した。都は8月3日から31日まで、酒類を提供する飲食店やカラオケ店に午後10時までに営業時間を短縮するよう要請している。

 小池氏は「さらに悪化すると都独自の緊急事態宣言を出さざるを得なくなる」と危機感を改めて訴え、都民の協力を求めた。時短営業の対象を広げたり、さらに営業時間の繰り上げを求めたりする場合は業種や地域を絞って「ピンポイントでやっていく」とした。