北海道は「15人」…うち8人札幌市 感染者2桁10日ぶり ススキノ"夜の街"関連なし 計1409人に

©北海道文化放送株式会社

札幌市は7月31日、新たに新型コロナウイルスの感染者が8人確認されたと発表しました。

・20代女性(職業非公表):濃厚接触者は確認

・20代女性 会社員

・年齢・性別・職業いずれも非公表

・女性(年齢・職業非公表)

・30代女性 アルバイト

・70代女性:すでに感染判明の人物(年齢・性別非公表)との同居家族

・男性(年齢・職業非公表)

・30代男性 従業員

8人中感染経路がわかっているのは2人で、6人は不明です。

ススキノのいわゆる"夜の街"感染の関連はいないということです。

31日は北海道で7人の感染が確認されていて、あわせて15人。

感染者が2桁になるのは、7月21日の10人以来10日ぶりです。15人に達するのは、17人だった6月28日以来33日ぶりとなります。

北海道内での感染者は、計1409人となりました。