円上昇、104円台前半

4カ月ぶり円高水準

©一般社団法人共同通信社

 31日の東京外国為替市場の円相場は対ドルで上昇し、一時1ドル=104円台前半を付けた。3月12日以来、約4カ月ぶりの円高ドル安水準。円高と株安を受けて財務省と日銀、金融庁は会合を開き、不安定な金融市場を巡る今後の対応を協議した。

 午後5時現在は前日比62銭円高ドル安の1ドル=104円44~46銭。ユーロは50銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円02~06銭。

 前日に発表された4~6月期の米実質国内総生産(GDP)成長率の速報値が過去最悪のマイナスとなり、ドルを売って円を買う動きが朝方から先行した。