NPB「イベント制限なら対応」

新型コロナで自治体の動向注視

©一般社団法人共同通信社

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は31日、新型コロナウイルスの感染拡大で地方自治体が独自の緊急事態宣言を出した場合に「内容を確認し、大規模イベントの制限が入っていれば対応することになる」との認識を示した。

 プロ野球は政府の指針に従い、8月末まで観客数の上限を5千人に据え置くことを決めている。4月から5月にかけて全国に緊急事態宣言が発令されていた際は、公式戦開幕を延期して試合を行っていなかった。