フィリピン大統領「マスクはガソリンで拭くといい」 専門家は警告

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は31日、マスクはガソリンで消毒すると良いという持説を繰り返し、「冗談を言っているのではない」と強調した。専門家は、そのようなことはしないよう警告している。ドゥテルテ氏は22日にも、マスクはガソリンで消毒するよう発言し、政府はこれを「冗談だ」と説明していた。

ドゥテルテ大統領はあらためて、自分の以前の発言に言及し、「(批判勢力は)『ドゥテルテは狂ってる』と言ったが、馬鹿め! 自分が狂ってるなら、お前たちが大統領になるべきだ」と反発した。

その上で大統領は、「自分が言ったのは本当だ。アルコールが手に入らないなら、特に貧乏な人たちは、ただガソリンスタンドへ行って(ガソリンで)消毒すると良い」と述べた。

「冗談で言っているんじゃない。冗談じゃない。みんなして、人の脳みそに入り込もうとする」

ドゥテルテ氏が前回、マスクの消毒にガソリンを勧めた後には、フィリピン政府関係者は大統領が冗談を言っていたのだと説明。保健当局は、布製のマスクは普通に水で洗うべきだし、医療用マスクは使い捨てで交換すべきだと推奨した。

ガソリンがマスクを消毒するという科学的証拠はない。ガソリンに長時間触れていると人体に害を及ぼすおそれがある。引火性の高い液体をマスクにかければ、出火の危険もある。

先週は何と言ったのか

ドゥテルテ大統領は22日の時点で、「1日の終わりには、マスクをどこかにかけて、もし(消毒剤の)ライゾールが買えるなら、それをスプレーするといい」と述べた。

さらに、「(ライゾールが)ない人はガソリンかディーゼル油で浸すといい。(中略)ガソリンを見つけたら、(マスクを)手で持ったままつっこむといい」と発言していた。

ニュースサイト「ラプラー」によると、ハリー・ロック大統領報道官はこの後、「大統領就任から4年たつのに、まだあの人のことを分かっていないなんて信じられない」と述べ、「(ただの)冗談だ。どうしてまたガソリンで洗濯するんだ」と、大統領発言を冗談扱いしていた。

1日の感染者約4000人

新型コロナウイルスによる死者を2月に中国以外で初めて報告したのは、フィリピンだった。

ドゥテルテ氏は当初、感染拡大は大したことがないとして、「そのうち自然になくなる」と話していた。しかし、その後は感染者が増え始め、3月初めに首都マニラのあるルソン島のロックダウン(都市封鎖)を命令した。

ロックダウンは6月1日から段階的に緩和されていたが、ドゥテルテ大統領は31日、マニラの規制は8月半ばまで続けると発表した。

30日には国内で1日過去最多の3954人の感染が確認されている。感染者の国内累計は8万9374人に上る。死因が新型コロナウイルスによるとされる死者は、米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると1962人。

マニラでは現在、高齢者や子供の移動を規制するなどコミュニティー全体が隔離状態にある。

ドゥテルテ氏はさらに、いずれワクチンが使えるようになった際には、低所得者を優先して無料配布すると約束した。

BBCのハワード・ジョンソン・フィリピン特派員によると、フィリピンの感染者数や死者は世界のホットスポットに比べると少ないものの、検査率は低く、ウイルス検査を受けたのは人口の約1%程度に過ぎない。

(英語記事 Rodrigo Duterte: 'I'm not joking - clean masks with petrol'