航空各社、お盆期間の国内線予約数は4―6割減 ANAは過去最低

©ロイター

[東京 31日 ロイター] - ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸(ANA)や日本航空<9201.T>(JAL)など航空各社が31日、お盆期間中(8月7日―16日)の予約数を発表した。新型コロナ感染者数が再増加する中、各社の予約数は前年同期を大幅に下回っており、ANAは国内線、国際線ともに過去最低を記録した。

予約数は、ANAの国内線が前年同期比64.8%減、国際線は同96.3%減で、統計を開始した2006年以降最低の数字となった。同社は、8月7日ー17日まで国内線で12%、国際線で約9割の減便を決めている。

JALの予約数も、国内線が61.2%減、国際線は96.9%減と低水準の数字となった。

スカイマーク、格安航空会社ジェットスター・ジャパンが発表した国内線予約数は、それぞれ56.4%減、46.9%減となっている。

(新田裕貴)